DTMで結局よく使うおすすめリバーブ・プラグインBEST 5!

こんにちは。マサツムです。

DTMを長年続けてきて、地道にたくさんプラグインが増えていきました。
手に入れた時期や、自分の中の流行りや気分で使用するものはコロコロ変わりますが、結局よく使うプラグインは決まってきます。

リバーブは楽曲の立体感を作るのに、ミックスでは必ずといって良いくらい使います。
DAWに付属しているので最初はそれを利用すると思いますが、質感がかなりミックスに影響してくるのでDTMを長く続けていると良いものがたくさん欲しくなります。

EQ」編・「コンプ」編に続いて、今回のテーマは『リバーブ』編で、僕がたくさん持っているプラグインの中で、よく使うプラグインのBEST 5をランキングで紹介します!

『リバーブ』とは

リバーブReverb) とは、「残響音」のことをいいます。

お風呂で声が響くのも、カラオケなどでエコーをかけて声を響かせるのもリバーブです。
普段音楽を作っていない人でも、こういった場所でリバーブを経験しています。

昔はリバーブレコーディングに使用する場合、部屋チャンバー・リバーブ)や鉄板プレート・リバーブ)やバネスプリング・リバーブ)を使って、物理的に残響音を作っていました。

リバーブを表現するエフェクター、プラグインを正確には「リバーブレーター」といいますが、みなさん略して「リバーブ」といいます。

DTM音楽用語辞典016「リバーブ」とは?

よく使う『リバーブ』Best 5

リバーブは種類がたくさんあります。
ひとつのソフトでいろんな種類のリバーブが入っているものが多いですが、タイプそれぞれ専用のプラグインもあります。

  • Hall(ホール)
  • Room(ルーム)
  • Plate(プレート)
  • Chamber(チェンバー)
  • Church(チャーチ)
  • Spring(スプリング)

ほかにも人工的に作られた、IRリバーブ(コンボリューションリバーブ)、Reverse Reverbリバース・リバーブ) 、Gate Reverbゲート・リバーブ)、Tape・Echoテープ・エコー)など、リバーブはたくさん種類があります。
それぞれの特徴を生かして、楽器やジャンルや使い方で使用頻度は変わってきますが、今回は上記の種類を全部まとめて、僕の持っているプラグインの中で、「よく使うリバーブ・ベスト5を決めたいと思います。(2022年4月時点)

第 5 位 waves『Abbey Road Plates』

Abbey Road Plates使い方レビュー

プレート・リバーブ

こんな場面でよく使う

  • ボーカルのリバーブ

よく使う理由

ボーカルのリバーブはこれを使っていました。
残響音のキレイさと存在感の仕上がりがとても好きです。
プレートリバーブに特化していて、GUIもかっこよく、作っていて楽しいです。
しかし、CPUの負荷が大きくてついつい使用頻度が下がってしまい、ガンガン使いたい時はほかで代用してしまうので5位にさせていただきました。

『Abbey Road Plates』とてもよく使うプレート・リバーブ、その最高峰! 使ってみた・使い方レビュー

第 4 位 Universal Audio『RealVerb pro』

RealVerb proレビュー

マルチ・リバーブ

こんな場面でよく使う

  • 自然な立体感を加えたい
  • オールマイティに使用

よく使う理由

たくさんあるリバーブタイプの中から組み合わせて残響音を作っていくという面白い作り方ですが、とにかく音質が上品でワンランク上に感じます。
リバーブは良いものとそうでないもので、明らかに聴こえ方が違います。
この『RealVerb pro』は、まろやかで包み込んでくれるような質感です。
全部のトラックで使いたくなるくらい音が良いですが、UAD(Universal Audio)のプラグインは使える数が決まっているので、リバーブ感の重要な「ドラム」と「ボーカル」でよく使います。

第 3 位 Overloud『Breverb 2』

BREVERB2_使い方_レビュー

レキシコン系・デジタル・リバーブ

こんな場面でよく使う

  • 80年代サウンド
  • デジタルリバーブが合う
  • 繊細な残響が欲しい

よく使う理由

LEXICON 480Lのモデリングで、とても扱いやすくキレイなデジタルリバーブです。
音の伸びがキレイでそういった効果をつけたい時にはこれを使っています。
ボーカル、アコギなど高音が気持ち良いです。
こういったデジタルリバーブは使いどころが多いので、気に入ったものを持っていると便利です。
CPU負荷が軽くて気軽に使えるところも、ランキング入りのポイントです。

『BREVERB 2』リバーブなのにこの軽さ!使ってみたレビュー

 

第 2 位 IK Multimedia『T-RackS Sunset Sound Studio Reverb』

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

IR・リバーブ

こんな場面でよく使う

  • 自然な立体感を加えたい
  • 各楽器の音作り
  • 生演奏・バンドものの楽曲

よく使う理由

比較的最近手に入れたリバーブですが、このプラグインにすごくハマっています。
最近は頻繁に使っているので僕の中で2位に急上昇してきました。
IRリバーブで空間をシミュレートしてリバーブを作り出すものですが、特にブースの設定で生ドラム系のバスに挿しています。
リバーブ感というより、レコーディングスタジオで録ったような質感がとても自然にプラスされて、バンドものには重宝します。
各楽器も生々しさが上がるのでとても重宝します。
チャンバーもプレートもスプリングも、すべてナチュラルでとても気に入っています。

『T-RackS Sunset Sound Studio Reverb』ワクワクするレコーディング・シミュレーション・ツール。使ってみたレビュー。

第 1 位 Valhalla DSP『Valhalla VintageVerb』

Valhalla VintageVerb 使い方レビュー

マルチ・リバーブ

こんな場面でよく使う

  • オールマイティに使用
  • 効果音的な空間処理

よく使う理由

使用頻度ということで1位にさせていただきました。
いろんなタイプのリバーブが用意されていて、これを持っておくと作編曲作業が捗(はかど)ります。
モジュレーションを使って効果音的な音作りにも使います。
初心者の方に「何かいいリバーブを教えて」と聞かれると、コスパの良さは抜群とこちらを進めます。
音質のリアルさは2位と3位には劣ってしまいますが、とにかくよく使うということと長く使ってきたということで堂々の1位とさせていただきました!

『Valhalla VintageVerb』文句無し!使ってみたレビュー

番外編

iZotope『Neoverb』

Neoverbレビュー

AI搭載リバーブ

こんな場面でよく使う

  • どんなリバーブが合うか試したい
  • イメージから空間を作りたい

よく使う理由

楽しく音作りのできるリバーブ・プラグインとしてはとても気に入っています。
このリバーブの特徴は、イメージを自分で設定してAIがリバーブを作り出してくれるという機能があることです。
音作りの段階で「リバーブで面白い音作りができるかな」とか、「もっと違う空気感が合うかな」と思いながら作る時は、AI機能が面白くてこの『Neoverb』を使っています。
調整も細かい設定も目でわかりやすく調整できて、とても便利なツールなのですが、リバーブの質感の面と、ミックスをする時はどうしても各楽器に対して「音が把握できているもの」「使い慣れたもの」を使ってしまいます。
結局最終的に使用頻度は低いということで番外編にさせていただきました。
しかし、DTMを始めたばかりでリバーブのかけ方がわからないという人にはとてもオススメできます!

『リバーブ BEST 5』の まとめ

リバーブはソフトによって全然質感が変わってきます。
DAW付属のものと高品質なものを比べるとかなり差が出てきます。

しかし、どうしてもリバーブはCPU負荷が高いものが多いので、作業効率を取るか品質を取るかで悩まされます。

今回のランキングで、使用するリバーブの参考にしていただければと思います。

ということで、結局使ってしまうという視点で「リバーブ」のランキングを作ってみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

マサツム