DTM音楽用語079「トラック」とは?

こんにちは。マサツムです。

DAWを操作する上で基本中の基本用語トラック

トラックに分けられる理由、プロトラックの分け方など、今回は「トラック」を分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

トラック」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

トラックとは?

トラック(Track)とは、曲の中で使う楽器データ情報を、1ずつに分けられている各チャンネルのことをいいます。

昔から、一発録音マイク2本録りでない限り、各楽器をトラックに分けてレコーディングしています。

トラックレイヤーとして重なり合ってひとつの楽曲になります。
「通路」「軌道」と言った意味があり、陸上トラックのように一つ一つのが分かれています。

基本的にはひとつの音色1トラックで分けていきます。
ひとつのトラックに違う音色データが入っていると、操作の設定も手間がかかって、ミックスの時に把握(はあく)しにくくなります。

トラックの種類

を管理するトラックは大きく分けて、波形を扱う「オーディオトラック」とMIDIデータを扱う「インストゥルメントトラック」に分かれます。

他にもBusなど、音信号を処理するための「AUXトラック」や、いくつかのパラメーターをまとめて操作できる「VCAトラック」や、MIDIの情報だけを扱う「MIDIトラック」があります。

オーディオトラック

波形データを元に調整する、レコーディング基本のトラックです。
生音録音したり、音源ループ素材を使ったりします。
トラックプラグインを挿してコンプをかけたり、リバーブをかけたりできます。
音が入っているところが一目でわかり曲全体の流れを把握できます。

インストゥルメントトラック

MIDIデータを打ち込んで、ソフト音源を挿してを出力していきます。
オーディオトラック同様プラグインを挿して音作りができます。
MIDIトラックMIDIの情報だけ音源ソフトが挿さっているトラックに情報を送ってを出力していきます。
なので「MIDIトラック」インストゥルメントトラックは別物になります。
マルチティンバー音源ソフトなどは、複数MIDIの情報だけ「MIDIトラック」から受けて、ひとつの音源ソフトから出力すれば、CPUをかなり抑えることができます。

 

インストゥルメントトラック」の出力は、最終的に「オーディオトラック」に変換することをオススメします。
MIDI上で演奏を書き換えたり出来てとても便利ですが、「オーディオトラック」に変換しておかないと、稀にキースイッチがうまく反応しなくて違った演奏になったり、後日に立ち上げてみると、ソフトのバージョンが変わって音が出なかったりという不具合もあります。

トラックで設定すること

トラックに分けて、それぞれパラメーターを設定すると作業が把握しやすくなります。
PAN(左右の定位)を決めて、「この音は左から出ている」やボリュームを設定して「もう少しこの楽器の音を上げよう」など各トラック調整していきます。

プラグインを挿して各トラック音作りも調整して、AUXトラックにたくさんの音データを経由させれば、バスコンプなどのエフェクトをまとめてかけることもできます。

ひとつの楽器でも何トラックかの役割で分かれています。

  • ギターのアンプ録音したマイクそれぞれのトラック。
  • ストリングスをバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、それぞれのトラック。
  • ブラスをサックス、トロンボーン、トランペット、それぞれのトラック。

グループに分けて、VCAトラックフェーターを管理し、まとめて音量の調節や自然なフェードイン・アウトを行うことができます。

ステレオトラックとモノラルトラック

インストゥルメントトラック」は基本的にステレオトラックですが、「オーディオトラック」ではモノラルの扱いをするトラックもあります。
単純にステレオトラックは2倍のデータ容量になるので、ベース、ギター、歌などステレオにする必要のないの原音のトラックはモノラルにします。

最近のDTMerはすべてのトラックデータをステレオで扱う人が多いので、その人その人にあった対応でステレオとモノラルを分けてデータにしています。

トラックの数

プロレコーディングだと1曲100トラック近くか、それ以上に分かれています

ドラムだけでも何十トラックにもなってしまうので、各楽器トラックを分けていると、どんどんトラックが増えていきます。
効果音的なデータも重ねていくと、さらにさらにです。

トラックは細かく分かれているのが良いという傾向はありますが、20〜40トラックでも、全く問題ありません。
十分クオリティの高い作品は作れます

うまく作れば10トラックでも大丈夫です!

ま と め

昔からレコーディングはトラックに分けて録音していました。
DTMが普及するまではすべて耳での確認でしたが、今では各トラックを目で見て管理できます。
各トラックのデータをきれいに作り、ひとつひとつが重なって1曲になる、これがレコーディングの楽しさです!

今回は「トラック」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム