DTM音楽用語114「ループ」とは?

こんにちは。マサツムです。

ループというものは、時代とともにどんどん作りやすくなってきている、とても便利なアイテムです。

DTMを始めたばかりの人もお手軽にプロ仕様のリズムが作れます。

今回は「ループ」をわかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ループ」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ループとは?

ループ(Loop)とは、つなぎ目なく繰り返すことのできるリズムパターンのことをいいます。

ループ素材は現在の世の中ではたくさん手に入れることができます。

ドラムの素材は便利でとても需要がありますが、ドラムだけに限らず、ギター、キーボード、ベースなど、どんな楽器でもループ素材はあります。

ループの良さのひとつとして、短い小節単位でタメを作り、それを繰り返すことによって、絶妙な一定のグルーヴを作ることができます。
これはループでしか作れないかっこよさです。

HIP-HOPなど、ループで気持ちいいグルーヴを作って、そこに言葉を乗せて表現する音楽が作られます。

ループ素材はDTMで大活躍

昔と違って、今はループ素材を使って簡単にリズムを組むことができます。
DTM
を始めたばかりの人は、リズムの打ち込み方などいきなりはわからないので、ドラムループ素材がとても重宝されると思います。
まったく何も楽器の弾けない人でも、ループ素材だけでパズルのように一曲完成させるという方法もあります。
効果音ループ素材を使ったりということも、よくよくあります。
Bメロはこのギターのループを、バックにくり返し流す」など、フレーズループさせて使用することもあります。
このように、ループ素材アイデアをどんどんプラスできる、とても便利なアイテムです。
世の中にループ素材はたくさんあり、それを使って曲を作る人はたくさんいますが、どれだけセンスの良い使い方をするかというところで差が出てしまいます。
やはり、たくさん音楽を聴いて、いろんなニュアンスを知っているセンスの良い人は、ループ素材でとてもかっこいい音楽が作れます。

ループによるグルーヴ

タメがある小節のくり返しは、ずっと聴いていると、とても気持ちいいグルーヴが伝わってきます。
つながりにぎこちないタメがあったとしても、くり返しくり返し聴いているとそれが気持ちよくなってきます。

いつの間にかそのタメを待っている自分がいます。

以下の音源は、1小節ドラムループ8小節並べています。

この小節つなぎ目のぎこちなさが、くり返していくと促進力(そくしんりょく)に変わっていきます。

ルーパーを使ってループ作成

最近テレビなどでもよく見かける、一人でギターを弾いたり叩いたりして、どんどん音を重ねていって曲にしていくという演奏。
これはルーパーというエフェクターを使って演奏しています。

ボタン一つで「1回押し」「2回押し」「長押し」を踏み分けて使えるシンプルなものや、機能がたくさん付いたものまでいろいろあります。

少し演奏技術が必要ですが、ライブ演奏するとなかなかの見ごたえがあります。

ま と め

ループ素材を使って遊びながら曲作りをする作り方は、初心者の方にはすごくオススメします。
DAWの使い方を勉強できて、とてもDTM技術が向上していくと思います。

今回は「ループ」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム