DTM音楽用語084「CPU」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMパソコンがないとDTMではありません。
作曲の能力があってもパソコンが苦手だとDTMでの作曲作業がはかどりません。

DTMにかかわっていると「CPU」というワードが度々出てくると思います。

パソコンになる「CPU」を今回は分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

CPU」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

CPUとは?

CPUCentral Processing Unit)とは、パソコンの中心になる処理装置のことをいいます。

人間でいう「」のような働きをします。
CPUが優秀だと、パソコン処理速度が早くなり作業がスムーズになります。

DTM映像編集などの時間軸が関係する作業は、この「CPU」がとても重要になります。
CPU負荷がかかるソフトをたくさん使用すると、処理速度が追いつかなくなり、パソコンの動きが悪くなります。

「2.8GHz」「3.6GHz」など、GHzで単位を表し、数値が多いほど処理速度が速いCPUになります。
1秒間に処理できるデータ数値にしています

CPUに負荷がかかりやすいプラグイン

DTMCPU負荷をかけてしまうのが、真っ先に思いつくのが空間系プラグインです。
リバーブディレイは繊細で情報量が多く、特にリバーブ高品質になるとどうしても重くなってしまいます。
IRリバーブになると、一気に負荷がかかってしまいます。

音源ソフト負荷がかかります。
リアルなものは情報量が多く、負荷がかかってしまいます。
マルチティンバー音源も、複数同時に立ち上げるのはむずしいです。

コンプレッサーマキシマイザーソフトによっては重たいです。

最近流行りの「AI」機能のものや、リアルタイム処理をしてくれるものはとても重たいです。

DTMで一曲完成させると、気づけばすごい量のソフトを使ってしまうので、うまくオーディオファイルに変換したり処理をしながら作業を進めないといけません。
そうしないと、CPUが悲鳴をあげて「ブツブツ」ノイズが鳴り始めたり、フリーズしたりして作業にストレスがかかります。

CPUとメモリ

パソコンには「CPU」とは別に「メモリ」というパソコンの性能に関わってくる部品があります。
メモリとは情報を読み書き記憶する能力で、CPU補佐的な存在です。

CPUの性能が良くてもメモリが少ないとソフトの立ち上げに時間がかかったり、そもそもたくさんソフトを立ち上げることができません。
メモリは増幅してカスタマイズも出来ますが、ノートパソコンではなかなかむずしいものもあるので最初からメモリは気にした方が良いです。
DTMで使用するパソコンの場合は16GBは欲しいところです。
ソフトなどの環境にもよりますが、4GBで一曲作ろうと思ったらパソコンが悲鳴をあげます。

CPUのビット数

「4bit」は同時に16通りの情報しか送れませんが、「32bit」「64bit」になると何億通りにもなります。
DTMで使用するパソコンは、CPUとは別の「メモリ」の扱える量に関わってくるので「64bit」オススメします。
ゲーム機歴史に沿ってCPUビットを辿ると、能力がとてもわかりやすいです。
音楽の「音圧戦争」のようにゲーム業界の「ゲーム機戦争」というビットの熱い戦いがありました。
1981年 カセットビジョン 4bit
1983年 ファミリーコンピューター 8bit
1987年 PCエンジン 8bit
1988年 メガドライブ 16bit
1990年 スーパーファミコン 16bit
1994年 3DO REAL 32bit
1994年 セガサターン 32bit
1994年 プレイステーション 32bit
1996年 NINTENDO 64 64bit
2000年 プレイステーション 2 64bit
「プレイステーション 2」128bitという売りがありますが、実際は64bitCPUが並行して2つ使えるというシステムになっています。
ゲーム歴史と共にCPUビットを見ていくと、ビット数CPU性能がどのくらいあるかわかりやすいと思います。
64bitもあればビット数は十分という流れと共に「ゲーム機戦争」のビット数の上げ合いは落ち着いてきました。
ま と め

パソコンは昔と比べてかなりの進化をしてきましたが、CPUの問題はまだまだ付きまとってきます。
CPUを把握しながら作業をすれば、より快適にDTMを楽しめると思います!

今回は「CPU」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム