DTM音楽用語069「音圧」とは?

こんにちは。マサツムです。

現在はひと昔前ほど音圧にこだわりはなくなってきましたが、いまだに音圧DTMでの作業工程のなかで「ラスボス」のような扱いになっています。
最後にマスタリング音圧を上げなければ、曲が完全に完成しないという流れになっています。

今回は音圧」を、誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

音圧」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

音圧とは?

音圧(Sound pressure)とは、の最大量にリミッティングをかけ、圧力をかけることをいいます。

文字通り、圧縮している状態のことですが、音楽の用語のなかでは「音圧を上げる」という使い方をします。
音量差密集(みっしゅう)するため、迫力のある印象になります。
音圧を上げるために特化したエフェクト、プラグインマキシマイザーというものがあります。
リミッターと同じ扱いをされますが、マキシマイザーというとリミッティングする効果よりも音圧を上げるというイメージの方が強いです。

音圧を上げる説明だけだとコンプレッサーと同じ効果のようにですが、用途は少し違います。

コンプレッサーは最大音量を圧縮率音量を抑えて、アタック、リリースで積極的に波形を変形させながら音作りを追求していきます。

マキシマイザーリミッティング音量をスパッと決めて、そこに向けて圧縮して音量を上げていくという、音圧稼ぎに適したエフェクターです。
トラックにかけて、すべての楽器音圧コントロールする方もいますが、マスターに挿して音圧を上げるという使い方をする人が多いです。

音圧戦争

音楽歴史をたどると、CD全盛期90年代のころ、有線USEN音楽聴くという方法がありました。
結構普及していて、レコード会社も有線には力を入れていました。
有線(USEN)とは、専用チューナーを使って、たくさんの「音楽チャンネル」を聴くことができるという音楽の聴き方で、その時の流行っている歌なども流れたり90年代にいろんなお店に、活用されていました。
全く違うアーティストが順番に流れるということで、音圧を上げて他のアーティストより目立つという音圧の上げ合いが始まりました。
音圧が高いというだけで「またこの曲が流れた!」と一般の方々に強い印象を与えることができました。
それは全世界でも音圧の上げ合いがエスカレートして音圧戦争(ラウドネス・ウォー)」という戦いが勃発しました。
この頃は音圧CDの上げられるいっぱいにベッタリ天井に当たって圧縮された音楽が出回っていました。この音圧の張り合いの時代に活動していたOasis(オアシス)」Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)」音圧戦争犠牲者と呼ばれています。
現代では音圧というよりダイナミクスがしっかり感じられるマスタリングの傾向にありますが、それでもまだジャンルによっては音圧戦争は終息していないように思えます。

おすすめマキシマイザー

マキシマイザーは各メーカーからたくさん出ています。
特徴性能の良さもそれぞれですが、最終マスタリングで重要な役割をするので、妥協することなく良いものを選びたいです。

L2 Ultramaximizer(waves)

waves-L2おすすめマキシマイザー

音圧ブームの背中を確実に押したマキシマイザー。
簡単操作で音の破綻が少なめで音圧をガッツリ上げることができる。

L3-16(waves)

おすすめマキシマイザー L3-16

wavesの「Lシリーズ」現在最高品質のマキシマイザー。
マルチバンドでとても綺麗に音圧を上げてくれる。

Pro-L2(FabFilter)

おすすめマキシマイザー Pro-L2

とてもクリアで音の破綻が少ない人気のマキシマイザー。
時間軸の波形で確認できてわかりやすく動きも繊細です。

Ozone 9(iZotope)

おすすめマキシマイザー Ozone 9

マスタリング専用のオールインワン・プラグイン。
中に入っているマキシマイザーが優秀でとても評判が良いです。

Invisible Limiter G2(A.O.M.)

おすすめマキシマイザー Invisible Limiter G2

おすすめマキシマイザーに必ず入ってくる、とても人気のマキシマイザー。
クリアなサウンドでプロも愛用のプラグイン。

Weiss MM-1(Softube)

Weiss MM-1 おすすめマキシマイザー

高品質のプラグインが多く人気のある「Softube」のマキシマイザー。
ダイナミクスを保ちながら音圧を上げてくれる頼れるプラグイン。

ま と め

楽曲に音圧は必要ですが、ダイナミクスがなくなってしまうほど圧迫してしまうのはあまり良い音圧の上げ方とは言えません。

ふわふわの「うまい棒」とカチカチの「かりんとう」みたいな違いです。
音圧の仕上げ方はジャンルによって変わってきますが、「うまい棒」も「かりんとう」どちらも良い個性があります。

今回は「音圧」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム