waves『L2』一度音圧を体感しておいた方が良いマキシマイザー!使ってみたレビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマキシマイザー、wavesL2 ULTRAMAXIMIZERの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

waves-L2使い方レビュー

まずはひとこと。

 どこまで音圧が上がるの!?

特 徴

  • 昔から愛され続けるマキシマイザー
  • 簡単操作で音圧を稼げる
  • 大人気wavsのプラグイン「Lシリーズ」

使ってみた感想

大人気プラグインメーカーwavesは、とてもシンプルでかつ、最高仕事をしてくれることで有名です。

過去にwavesオススメプラグインを記事にしたので気になる方はぜひご覧ください!

そのwavesの中で、ずっと愛され続けてきたマキシマイザーL2」の使ってみた感想を記事にします。

よく使う理由

よく使う理由としては、簡単操作で明らかに効果が得られるところです!

気持ちいいくらい音圧が上がります。

プリセットは少し用意されていますが、使わなくても大丈夫です。

waves-L2使い方レビュー

waves-L2使い方レビュー

THRESHOLD」値を下げていくと、「どこまで音圧が上がるんだ?」というくらい音圧が上がっていきます。

さすがに上げすぎると「ブリブリ」歪んできますが、その「ブリブリ」感ギリギリの感じが気持ちよくて、一昔前は世の中にたくさんこの感じの曲がありました。
みなさん最後に「L2」を挿しているのだと思います。
(ブリブリというのがL2の音圧感が一番伝わると思い連呼してしまいすみません。。)

リミットされたから原音に戻る間隔を調整したい場合は、「RELEASE」のフェーダー下にある「ARC」(Auto Release Control)ボタンオフにして「RELEASE」のフェーダーで調整できますが、単純に音圧を上げたい場合は「ARC」をオンにして「THRESHOLD」を下げるだけでOKだと思います!

どれくらいリミッティングがかかっているかは「ATTEN」のメーターに現れます。

QUANTIZE」は処理後の解像度を設定します。現在作業しているDAW解像度に合わせれば良いです。

DITHER」はDither処理の有無タイプを設定します。
Type1」で音データを優先するので、音圧上げにはこれが良いと思います。
Type2」でノイズ処理優先になります。
NoneDither処理を使いません。

SHAPING」はノイズシェーピングの量を「Nomal」「Moderate」「Ultra」から設定します。

L1、L3と比較

同シリーズの「L1 ULTRAMAXIMIZER」も「L3 ULTRAMAXIMIZER」持っていますが、どちらもマキシマイザーですが仕上がりが違います。

 

L1 ULTRAMAXIMIZER

かなり初期のプラグインなので音質に透明感がないのは仕方ないですが、ちゃんとリミットしてくれます。
しかし、天井に当たった音が「ジリジリ」感があります。
歪みと捉えれば使用用途はあります。
L2ほど音圧を稼げる感じはしません。

 

L3 ULTRAMAXIMIZER

L2よりもあとに出たのでパワーアップはしています。
マルチバンドになって、周波数を狙ってリミットできます。
便利で良いと思いますが、とんでもなく重いです。。
使うとしたら2mixマスタリングで使用するといった方法だと思いますが、僕はあまり使っていません。

実はそれを解消した「L3-LL」というプラグインがあります。
こちらは使い勝手が良いのでオススメです!

そしてLシリーズ最新版が「L3-16」になります。
これは高機能です。

L3 ULTRAMAXIMIZER」が5バンドで「L3-16」が16バンドの処理ができます。
初めて使った時は感動してたくさん使っていました。
しかしやはり重いので、ここぞという時によく使っています。

ココが好き!

シンプルで少しの効果から調整できる!

もうちょっとだけ音圧上がればを、解消してくれる!

気になった点…

音質を最優先で求めるならほかのものが良いかも…。

こんな方にオススメ!

  • 音圧の上げ方がわからない人
  • waves好きな人

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「音圧稼ぐためだけならL2で」といった感じでおすすめできます!

音圧を上げる作業は精密にやれば実は大変な作業なのですが、あと少し音圧を上げたいなという時は「L2」を気楽に使ってしまいます。

マキシマイザーはたくさん持っていますが、つい「L2」を使ってしまいます。
Lシリーズの中でも音圧をあげるだけでいい、という時には「L2」がもってこいです。
雑誌などでマキシマイザーを解説する時は、よく「L2に比べて‥」や「L2に似ています」など、L2を基準にされることが多いです。
現在はそんなに高価な値段ではないので、L2を体感しておくことをオススメします!

wavesのバンドル
「Platinum」
「Diamond」
「Horizon」
「Mercury」

に入っているので、ぜひ使ってみてください!

今回は、『L2 ULTRAMAXIMIZER』を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム