DTM音楽用語011「EQ(イコライザー)」とは?

こんにちは。マサツムです。

イコライザー」はコンプと並んで2大エフェクターです。
タイプがたくさんあって、その特徴をわかっていると楽器状況によって使い分けができます。
イコライザーは非常によく使うエフェクターなので、より効果的に使えるように誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

イコライザー」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

EQ(イコライザー)とは?

イコライザー(Equalizer)とは、ねらった周波数帯域を上げたり下げたり調節できるエフェクターです。

ドラム低域がもっと欲しい」「ギター高域を抑えたい」「ボーカル良い成分をもっと上げたい」という時にイコライザーを使います。
200Hz以下のはいらない」(ハイパスフィルター)や「2kHz以上のはいらない」(ローパスフィルター)という使い方もします。

パライコとグライコ

イコライザータイプ的にパラメトリック・イコライザー(パライコグラフィック・イコライザー(グライコ2つ種類に分けられます。

 

パラメトリック・イコライザー(パライコ)

パラメトリック・イコライザー使い方(パライコ)

パライコは基本的に画像のようなつまみでそれぞれの周波数を調整します。
一般的に付いているつまみの役割は以下になります。

  • Gain(ゲイン)・・・音量大きくする
  • Freq(フリケンシー)・・・周波数
  • Q(キュー)・・・ターゲットの幅

 

良い点

周波数低いところから高いところまでブロックに分けて調整できるので、聴きながら感覚音作りができる。

 

グラフィック・イコライザー(グライコ)

グラフィック・イコライザー使い方(グライコ)

周波数帯域が何バンドにも分けられていて、それぞれにフェーダーが付いているので、ピンポイントで操作、調整できます。

良い点

ノイズピーク、ハウリングなどの帯域ピンポイントカットできるのでライブ会場などで扱いやすい。
目で見て把握(はあく)しやすいのでわかりやすい。

 

グライコの方が見やすく操作もわかりやすいので良い気がしますが、音作りでよく使われるのはパライコです。
パライコメモリがある程度固定されているものが多いですが、これは音楽的に理にかなったポイントを選んでくれているので音作りスムーズにできます。

 

パラメトリック・イコライザー使い方(パライコ)
ロー、ローミッド、ハイミッド、ハイが 5〜10段階で分けられている

 

パッシブタイプのEQ

EQの構造のタイプですが、「アクティブフィルターを使用しているものと、「パッシブフィルターを使用しているものがあります。

アクティブフィルター音量トランジスタICなどでの増幅減少させます。
そのためアクティブフィルター使用のEQは、ゲインを上げていくと歪みが発生し、倍音が加わりサチュレーション効果が少し発生してしまいます。

パッシブフィルターコイル共振などで音量コントロールします。
パッシブEQといわれるEQの、ナチュラルゲインを調整できるというのはこの違いにあります。
ナチュラルに調整できるので、マスタリングの最終調整には重宝します。
コイルの部品が高価なため、パッシブEQがお値段高めになるのも納得できます。

どちらのタイプEQがいいという訳ではないので、それぞれの個性を理解していれば、用途に合った使い方ができて音作りMIXに活かせると思います。

 

パッシブEQ使い方
パッシブEQでハイを上げても、耳が痛い感じになりにくいです

 

パッシブフィルターを使用しているEQを「パッシブEQ」といいますが、「アクティブEQ」というとダイナミクスEQのことをさすこともあるので勘違いしやすいので注意です。
ま と め

イコライザーDTMerにはデジタルEQの馴染みがあると思いますが、今回はハードウェアイコライザーのタイプ別の特徴を記事にしました。

デジタルEQになるとダイナミクスEQなど種類が出てきます。
EQ特徴を知って用途にあった使い方ができるとDTMの上達がグンと上がると思います

今回は「EQ(イコライザー)」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム