DTM音楽用語104「ボーカル」とは?

こんにちは。マサツムです。

特殊な音楽ではない限り、歴史上、世界中楽曲の中心にいるボーカル。

宅録DTMでもボーカル録音、調整は大きな課題でみんな奮闘(ふんとう)しながら制作しています。

今回は曲の中心ボーカル」を分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ボーカル」について聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ボーカルとは?

ボーカル(Vocal)とは、楽器ではなく音楽を表現するパートのことをいいます。

ボーカルとしてを歌う人をボーカリストといい、表記する時は略して「Vo」と書きます

バンドの中では、となる中心人物です。
ほかのパートを引き立たせるために、最良のアレンジをしていきます。

DTMでもボーカルトラックを中心に楽曲ミックスして、聴き手のを伝わりやすくします。

どのパートよりも「表現力」「技術」「センス」が必要なパートです。

のことを「Vox」ともいうので、DTMで「Vox」というプリセットがあれば、それはに関するプリセットになります。

ボイストレーニング&メンテナンス

ボーカリスト楽器の代わりなので、ギタリストベーシスト楽器の練習をするように、ボーカリストボイストレーニングをしなければなりません。
楽器メンテナンスをするように、常にが出せる状態にしておかないと置けません。

ボイストレーニング

基本中の基本ですが、やはり腹式(ふくしきを出すことは非常に大切です。
で息を吸って声を出すと、に力が入り、に負担がかかります。
からまっすぐ出して、共鳴させて自然とを出せるようになると、自然とピッチも合わせやすくなります。

癖(くせが付いていたら、なかなかお腹からを出すのは難しいと思うので、を出すイメージ腹式呼吸をすると自然にできるようになるので、毎日数回行うと良いと思います

どうやってお腹呼吸をすれば良いか、感覚がわからない人は、少し前かがみになってお腹に手を当て、を吸って膨らみを確かめてから、徐々にを起こしていくと感覚がわかるかもしれません。

メンテナンス

ギターメンテナンスは、弦、パーツの部分などを常に気にして保管しなければなりません。
ボーカルです。
常に良い状態にするのは大変で、ほかのメンバーも気遣いが必要になります。
特には大変で、

  • 喉を冷やさないようにネックウォーマーなどを巻く。
  • 部屋を乾燥させないよう加湿器を使用する。
  • 外ではマスクを付ける。
  • しっかり寝る。

上記のような注意が必要です。
ライブ続きでが完全に疲労(ひろう)している時は、に直接注射を打ち、疲労を回復させたりします。

ライブ直前にうがいをして声の通りをよくするというボーカリストもいます。

ボーカル録音

DTM録音をするのは最初はなかなかうまくいきません。
宅録録音するとしても最低限の機材は用意したいです。

コンデンサーマイク

を録るマイクは、やはりコンデンサーマイクがオススメです。

ダイナミクスマイクとは構造が違い、コンデンサーマイクの方が高域ツヤが収録できます。
DTMではボーカルの抜けが必要になってくるので、EQでは処理できない高域の雰囲気は録り音の時点で確保しておきたいです。

価格はピンからキリまでありますが、ノイマンなどの良いマイクは、やはり質感高級録音できます。

リフレクションフィルター

反射音(リフレクション)マイクに被らないように遮音(しゃおん)する機材です。
ボーカルブースでない場所で録音する場合は必須の機材です。

反射音マイクに被っていると、ミックスがかなり困難なります。

こちらは重量感があるものじゃないと、吸音がしっかり処理されません。

ポップガード

マイクボーカリストの間にセットする「吹かれ」防止の機材です。
歌録音はどうしてもマイクに近づいて歌わなければならないので、「吹かれ」というノイズが発生してしまいます。

布タイプ金属タイプがあります。
歌い手の声質によって使い分けるエンジニアさんもいらっしゃいますが、僕は金属タイプがオススメです。

ポップフィルター」とも呼ばれます。

ボーカロイド

ボーカロイドとは、歌詞メロディを打ち込めば、サンプリングされているで歌わせることができる音源ソフトです。

2000年に入ってから、ボーカロイド(初音ミク)に歌を歌わせるというスタイルジャンルができてきました。

ソフトはどんどんリアル進化して、ボーカロイドの中でもアーティストが増えていきました。

 

ボーカルと声楽の違い

クラシックではの入る音楽を「声楽」といいます。
「ソプラノ」「アルト」「テノール」など、高さでパートに分かれて合唱します。
ソロで一人で歌うことを独唱といいます。

クラシックで歌う人のことをボーカリストとはあまり言わず、「声楽家」などと呼ばれます。
ボーカリスト歌手バンドボーカルのことを指すことが多いです。

ま と め

僕自身、10年以上プロのボーカリストとして活動していました。
ボイストレーニングにも通い、常に喉のケアは気にして生活していました。
ツアーになると僕だけ先に帰って、明日のライブに備えるというくり返しでした。

ボーカルはとても大変なパートですが、もちろんそれだけやりがいのあるパートです。
すべては自分に自身を持つことが、良いボーカルへの近道だと思います!

今回は「ボーカル」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム