DTM音楽用語089「ブース」とは?

こんにちは。マサツムです。

宅録DTMをやっていると、大音量を出せる完全な防音室で作業できることに憧れが出てきます。
どうしても宅録だと住まい事情で、小さな音ヘッドホンで作業するしかなくなります。
とはいえ、ミックスはそれでできたとしても、録音はなかなか条件が揃わないと大きな音が出せなくて、良い録音ができません。

そんな時大活躍するの「ブース」を今回は分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ブース」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ブースとは?

ブース(Booth)とは、部屋を間仕切して作る小部屋のことをいいます。

レコーディングではが被らないようにブースをいくつか作り録音を行います。

アンプは大きいので、ドラムマイクなどに被らないようにアンプブースアンプを閉じ込めてマイク録音します。

特にボーカル録音は繊細なので、防音のしっかりしたボーカルブースの中での録音が必要です。

ラジオでの録音は、DJの声とスタッフの声が被らないように、DJラジオブースに入って録音します。

宅録にブース

自宅防音ルームを作るというのはなかなかむずかしいですが、録音用ブースだけ用意するという人が増えています。
しっかりとした防音ブースだと業者の方を呼んで設置してもらい、お値段の方もかなりしてしまいます。
月々いくらというレンタルもできます。
もう少しを落とせば、設置も簡単で比較的リーズナブルな物もあります。
DIYが得意で自分で作ってしまう人もいます。

ボーカル録音

1畳分くらいのせまいスペースで、宅録でも気にしないでを歌うことができます。
ひとつあればアンプ録音などいろんな用途に使えます。

自分で組み立てれるダンボールでてきた物まであります。

顔だけ突っ込んで、歌を録るボーカルブースもあります。

アコースティックギター録音

アコースティックギターをジャガジャガ弾くのは、自宅では気が引けて良い演奏ができません。
その場合もブースは活躍します。
ちゃんとマイク録りしたい場合は2畳分くらいはほしいです。

ブースの注意

しっかり広めのブースエアコン設備がないとミックスの作業はむずかしいかもしれません。
ま と め

宅録で歌録音する時はスタジオに録音機材を持って行き録音していました。

ギターをアンプで録りたいときもスタジオに行っていました。

家にブースがあるとちょっと歌を録りたいという時も気軽にできてしまうので、あると画期的に作業環境が良くなります。

今回は「ブース」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム