DTM音楽用語082「弦」とは?

こんにちは。マサツムです。

音楽歴史をたどると、弦楽器はたくさんあります。

宅録DTMをすると弦楽器の中ではベースギターを良く使うと思います。

今回は「」を分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

弦とは?

(string)とは、振動させてを出す、弦楽器発信音になる部分です。

弦楽器の種類は世界中たくさんあります。
弦楽器の種類によってタイプもたくさんあります。

弦楽器

弦楽器歴史上世界各国たくさんあります。
を出す原理は様々ですが、基本はを震わせてを出すという仕組みになっています。
楽器の違いや奏法の違いで、各国、歴史上音楽ジャンルが伝わってきます。

有名な弦楽器

  • バイオリン
  • ビオラ
  • チェロ
  • コントラバス
  • 三味線
  • 琵琶
  • バンジョー
  • シタール
  • 二胡
  • ハープ
  • チェンバロ

など、他にも世界中楽器がたくさんあります。

ギターの弦

の種類はたくさんありますが、DTMに身近なギターには大きく2種類ナイロン弦」と「スチール弦」に分かれます。
こちらは素材はもちろん違いますが、の張り方も変わってきます。

バイオリン、ビオラ、チェロも「ナイロン弦」と「スチール弦」があります。

ナイロン弦

ギター

クラシックギター(ガットギター)など。

中域の効いた、柔らかい優しい音。
「ポローン」という響き。

ギター以外

ハープウクレレギタレレ(ウクレレサイズのボディでできたミニギター)など。

スチール弦

ギター

フォークギターエレキギター12弦ギター、スチールギターなど。

高域の効いた、鋭い硬い音。
「ジャラーン」
という音の響き。

ギター以外

マンドリンなど

 

羊の腸から繊維を取ってねじったものを弦にしている「ガット弦」という弦もあります。
この弦を使ったギターがガットギターと言われ、バイオリンなどにも使われています。

弦のゲージ

ゲージとはの太さです。
メーカーによって分類が若干変わってきますが、一般的にレギュラーを中心に「細めのもの」が用意されています。

太めのもの」はヘビメタなど、ジャンルによっては効果的に使用されます。

初心者の方はフォークギターは特にFコードで挫折する人が多いので、やめてしまう前に一番柔らかいで練習してみることをオススメします。
弾きやすくて楽しくなると思います。
慣れてきてからレギュラーの太さに変えても良いと思います。

ライトゲージとレギュラーゲージのメリットデメリット

ライトゲージ

○ 弦が柔らかくて弾きやすく指先が痛くなりにくい。
○ チョーキングが楽にできる。

× 音が細い。
× 弦が切れやすい。

レギュラーゲージ

○ 音の芯がしっかりして、ギター本来の響きが得られる。
○ 弦が切れにくい。

× コードを押さえるのに力がいる。

エレキギターとフォークギター

 

エレキギター

ライトゲージ
1弦:009 2弦:011 3弦:016 4弦:024 5弦:032 6弦:046

レギュラーゲージ
1弦:010 2弦:013 3弦:017 4弦:026 5弦:036 6弦:046


フォークギターはしっかりしたが出ないと本来の良さが出ないので、エレキギターより太めです。

フォークギター

ライトゲージ
1弦:010 2弦:014 3弦:023 4弦:030 5弦:039 6弦:047

レギュラーゲージ
1弦:012 2弦:016 3弦:024 4弦:032 5弦:042 6弦:053

弦の種類

種類もいくつかあってそれぞれ特徴があります。

 

ニッケル

一般的なベース・ギター弦の素材です。
価格も安く、弦交換を頻繁にするギターにはニッケルで良いと思います。

ステンレス

硬くクリアな音質です。
少し価格は高めですが、ギターの音を追求したい方は一度お試しください。

コーティング弦

弦がコーティングされています。
弾き心地に少し違和感がありますが、一番のメリットは長持ちする事です。

ベースの弦

上記のギターに沿って、ベースも説明します。

ゲージ

一般的なベース弦のゲージは以下になります。

1弦:045 2弦:065 3弦:080 4弦:100

弦の種類

ギター同様、「ニッケル」「ステンレス」があり、その中で「フラットワウンド」というタイプのものがあります。
フラットワウンド」はの表面の凹凸がなく、ツルツルしてスライドタッチノイズ指弾きは感触が違います。
フレットレスベースウッドベースにはこちらのタイプの弦が使われます。

弦の交換

エレキベースはそこまで定期的交換はしませんが、エレキギター定期的交換してメンテナンスをしないと劣化していきます。
古いが好きという方もいますが、弦交換直後はギラギラしてもあり抜けも良いになります。

DTMに使用しているギター1ヶ月〜3ヶ月くらいでも良いと思いますが、ライブで使う人はが錆びやすく交換頻度ももっと短い方が良いです。
僕がプロで活動していた時は年間100本ライブをやっていたので、ライブ2回で交換というペースで弦交換をしていました。
すぐにが錆びて交換をサボると、ライブ中にが切れるという事をなんども経験しています。

弦交換はしっかり調整しないと弦交換直後チューニングが狂いやすくなります。

チューニングの低い方ところから、ペグを回して上げながら、を巻きつけながら合わせていくのが基本です。
下げながらチューニングすると、巻きつけの遊び部分が緩(ゆる)んできます。
張り方もある程度伸ばしながらを張っていきます。

ま と め

弦を変えると音質、弾きやすさも変わってきます。
いろんなものを試して自分に合ったもの、良い音が出るものを探してみると良いと思います。

今回は「」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム