6分でわかる「和音」とは?

こんにちは。マサツムです。

作曲に一番必要な知識、それが和音(コード)です。

和音の説明を理解するためには、度数での説明が必須なので、まずは度数を把握しておいてほしいです。

今回は「和音」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

和音」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

和音とは?

和音(chord)とは、二つ以上の異なる音程のを同時に鳴らした響きのことをいいます。
一般的には3つ以上の音ことを和音といい、2つだけの音の和音は省略系として和音と扱われます。

「和音」より英語の「コード」の方が聞き慣れている人は多いかもしれません。

4種類の基本の三和音

根音から5度の中で3つを使って作られる和音を、三和音(トライアド)といいます。
三和音4種類あってこの三和音が基本になって、のちに説明する四和音五和音が作られます。

4種類三和音Key「C」で説明します。

 

長三和音(ちょうさんわおん)

ーメジャー・トライアドー

C(シーメジャー)

」「」「
「根音」「長三度」「完全五度」

 

 

短三和音(たんさんわおん)

ーマイナー・トライアドー

Cm(シーマイナー)

」「ミ♭」「
「根音」「短三度」「完全五度」

 

 

減三和音(げんさんわおん)

ーディミニッシュ・トライアドー

Cdim(シーディミニッシュ)

」「ミ♭」「ソ♭
「根音」「短三度」「完全五度」

 

 

増三和音(ぞうさんわおん)

ーオーギュメント・トライアドー

Caug(シーオーギュメント)

」「」「ソ♯
「根音」「長三度」「増五度」

 

四和音セブンス

根音から7度の音を三和音プラスして四和音にします。
セブンスと言われるコードですが、このコードがかなり重要な役割をします。

四和音の一例をKey「C」で説明します。

 

長七の和音(ちょうしちのわおん)

CM7(シーメジャーセブン)

」「」「」「
「長三和音」+「長7度」

 

 

短七の和音(たんしちのわおん)

C7(シーセブン)

」「」「」「シ♭
「長三和音」+「短7度」

 

 

短三長七の和音(たんさんちょうしちのわおん)

CmM7(シーマイナーメジャーセブン)

」「ミ♭」「」「
「短三和音」+「長7度」

 

 

短三短七の和音(たんさんたんしちのわおん)

Cm7(シーマイナーセブン)

」「ミ♭」「」「シ♭
「短三和音」+「短7度」

 

 

減七の和音(げんしちのわおん)

Cdim7(シーディミニッシュセブン)

」「ミ♭」「ソ♭」「
「減三和音」+「減7度」(長6度)

 

 

増七の和音(ぞうしちのわおん)

CaugM7(シーオーギュメントメジャーセブン)

」「」「ソ♯」「
「増三和音」+「長7度」

 

 

dim7(ディミニッシュセブン)7度を付けて弾く場合が多いためセブンスが入っていても「7」を取って「dim」と省略されて表記することが多いです。

三和音と四和音を使いこなすポイント

三和音の形をしっかり頭に入れていただいて、四和音を確認します。
ルート音(根音)を抜いた上の3つの音を見てみると、それぞれ三和音ができています。
長七の和音 CM7
「ド」「」「」「」(Em)
短七の和音 C7
「ド」「」「」「シ♭」(Edim)
短三長七の和音 CmM7
「ド」「ミ♭」「」「」(E♭aug)
短三短七の和音 Cm7
「ド」「ミ♭」「」「シ♭」(E♭)
上記のようにできた三和音四和音は響きの印象が似ています。
メジャーコードなのにさみしい感じを出したり、違和感のある感じを出したりすることができるのが四和音です
これをうまく取り入れるとコード進行の幅が広がります
ま と め

和音は冒頭で書いたように作曲・編曲となるものです。
和音を理解していればメロディをより生かすことができます。

今回は三和音四和音を説明しましたが、1オクターブ以上のが入ってくる五和音は「テンションノート」の記事をご覧ください!

今回は「和音」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム