初心者にもわかりやすい「調(key)」とは?

こんにちは。マサツムです。

作曲家を目指している人は、調というものを理解しないといけません。

長い歴史、広い世界の中で共通する音楽のフォーマットです

今回は「調」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

調」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

調とは?

調(key)とは、その楽曲の曲調と中心になるののことをいいます。

楽曲の中には調(key)というものが存在します。
その調を元にコードメロディを乗せて組み立てていきになっていきます。

この調を中心に作られる音楽調性音楽といいます。

基本的曲調メジャー(明るい)かマイナー(暗い)の2種類になり、中心になるの(主音、トニック)はひとつになります。

音楽の三大要素「メロディ」「ハーモニー」「リズム」のうち、「メロディ」「ハーモニー」フォーマット調(key)になります。

曲の中でこのフォーマットに「合わせる」か「崩す」かというところで個性が作られていきます。

調号の意味

調は「調号という表し方があります。

調号とは楽譜ト音記号の右にある「♯」「♭」の数です。

調調号の表を作りました。
メジャースケールマイナースケールを色で分けて作っています。
調スケール鍵盤メジャースケール主音(トニック)赤印マイナースケールはの主音(トニック)青印でつけています。
ひとつの調号長調(メジャースケール)短調(マイナースケール)2種類の意味を持ちます。
調号早わかり表
そして、この調号が一緒で長調(メジャースケール)短調(マイナースケール)の関係性を平行調といい、作曲においてとても重要なワードになります

転調とは

どの曲にも一曲を通して調(key)が決まっています。(例外を除いて)

一曲の中で調(key)が変わらないのものが多いですが、曲中で調が変わるという場合もあります。

これを転調といいます。

場面転換で「ハッ」とさせるのにはとても効果的で、とてもよく使われる技法です。

カラオケでキーを変えるのは曲の音程ごと上げ下げをするので、転調ではなく移調といいます。
ま と め
調映画で例えるなら、撮影する国=調といった感じでしょうか?
撮影する内容は、そのにあった言葉文化を元に作られていきます。
音楽もその調にあったスケールコードを元に作られていきます。
調作曲の基本中の基本です。
不思議ですが世の中に無数楽曲がありながら、調は基本的に今回作った表の「15×2」の中で作られます。
このフォーマットがあるからこそ、世界中共感しながら音楽を楽しめるのだと思います。
現代の音楽が必ずある世の中では、誰でも感覚が染みついているフォーマットですが、調楽譜の関係など改めて確認して、作曲にお役に立てればと思います。

今回は「調」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム