DTM音楽用語053「ハーモニー」とは?

こんにちは。マサツムです。

音楽の三要素「メロディ(旋律)」「ハーモニー(和声)」「リズム(律動)」の中のひとつ、ハーモニー。

美しいハーモニーが嫌いな人はいません。
ハーモニーによってリッチにすることもできます。

今回は「ハーモニー」を、誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ハーモニー」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ハーモニーとは?

ハーモニー(harmony)とは、音楽においては複数が心地よく混ざり合うことをいいます。

音楽以外にも料理芸術などたくさんの場面で使われ、「調和」という表現の仕方をします。

音楽の三要素メロディ(旋律)」「ハーモニー(和声)」「リズム(律動)からわかるように、ハーモニー音楽にとって、とても重要な働きをします。

「違う調和され、和音(コード)が生まれます。」
「コーラスを入れて、より華やかにメロディを彩ります。」

音楽音高(ピッチ)の部分を組み立てる重要な役割がハーモニーです

音楽でのハーモニー「和声」ともいわれます。

和音の中のハーモニー

ハーモニー和音(コード)という考えで良いですが、楽曲の中では和音の上でハーモニーを作り、ハーモニーを作るから和音が生まれるという関係です。
言葉で説明するのはむずかしいですが、楽曲和音を理解せず、和音に合っていないハーモニーを作ったら、それは美しくなりません。

は生まれてから、世の中の音楽をたくさん聴いてきているので、ハーモニーは感覚でイメージを作れると思います。
和音の中で度数を考えながらハーモニーを作ると、そのイメージの答えが導(みちび)き出されます。

まずは、和音度数を理解することが大切です。

和音(コード)について詳しく知りたい方はこちら!

度数について詳しく知りたい方はこちら!

メロディ(旋律)に対するいろんなハーモニー(字ハモ)

DTMで曲作りをしている人は、主旋律コーラスを入れたいけど、どう入れて良いのかわからない人がたくさんいると思います。
言葉を合わせてハモることを字ハモといいます。
歌モノ楽曲に使えるいろんな字ハモパターンを説明したいと思います。

まずは楽曲フォーマットとなる調(key)スケールを把握(はあく)することが大切です。
あまり理解できない人も、感覚でハモりを作ったあとに、調(key)スケールで正解を見つけられるということを覚えておいてほしいです。

3度上のハモり

一番ポピュラーなハモり。
コード感もつかめて旋律を捉えやすい。
メジャー、マイナー感が出て、主旋律の高揚感も上がります。

3度下のハモり

厚みをつけてメインを引き立てるのは、このハモりが一番。
サビに下ハモりはとてもよく使われます。
調(key)スケールを把握(はあく)していないと旋律を捉えるのはむずかしい。

6度下のハモり(3度上の1オクターブ下)

下にハモりを入れたいけど、コード感を安定させたい時には有効的。
メインも引き立ち、これもサビによく使われます。

5度上のハモり

3声のハモりを作りたい時に、3度上ハモりと一緒に5度上でラインをとります。
合唱など美しいハーモニーが作られます。
ポップや歌謡曲などは主旋律が埋もれがちなので、ポイントで使うことが多いです。
5度上だけのハモりはパワーコードの動きをして歌のハーモニーにはあまり適していません。

オクターブ上下のハモり

主旋律と同じ音階の1オクターブ上か下を歌います。
上の場合はファルセットなどを使って、下の場合は低い声を使って、どちらもハーモニーというより効果として使うことが多いです。

ステイのハモり

動くメロディに対して、同じリズムで一つの音だけを歌う。
コードの移り変わりでいろんな効果が得られて、とても効果的な場合もあります。

 

対位法

ハーモニー関連で、対位法という言葉をよく聞くと思いますが、これは先ほどの字ハモのようなこととは違います。
2つの独立したメロディが合わさって、調和しているという意味です。
2つのが合わさるのとは違います。

クラシックなどでよくこの効果は使われます。
2つの違ったメロディですが、調和して和音を作り出します。

ファミコンの出力数の少ないBGMによく使われていたと思います。
ドラクエの街のBGMなど。
あれは対位法です。

「かえるの歌」小節をずらした歌い方は、同じメロディでこれは輪唱といいますが、重なったところは対位法と同じ効果です。

 

ま と め

しつこいようですが、ハーモニー音楽の三要素です。
書いているとまだまだたくさん書きたいことが出てきます。

今回は「ハーモニー」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム