DTM音楽用語030「度数」とは?

こんにちは。マサツムです。

度数を知っておかないとスケール和音などの説明が理解できません。
これらの共通する用語は理解しておきたいです。

度数音楽理論でも記事にしましたが、音楽用語の方でも改めて記事にしておきます。

今回は「度数」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

度数」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

度数とは?

度数(frequency)とは、二つの音程の違う高さの数え方のことをいいます。
トニック(主音)に対してどのくらいの高さ音が離れているか、7音音階に合わせて1度〜7度数値に分けて表します。

数値の前に「長・短」「完全・減」を付けて、半音全音の違いを区別しています。

度数の見方と覚え方

度数主音1度として、2度、3度‥と上がっていきます。
わかりやすく基本「ドレミファソラシド」で説明していきます。
ド(1度) レ(2度) ミ(3度) ファ(4度) ソ(5度) ラ(6度) シ(7度) ド(8度)
音程にはフラットシャープが付くので、それによって高さの幅が違ってきます。
鍵盤白鍵「ドレミファソラシド」の表記の仕方は以下になります。
ド(完全1度) レ(長2度) ミ(長3度) ファ(完全4度) ソ(完全5度) ラ(長6度) シ(長7度) ド(完全8度)
そして黒鍵のある音程の表記の仕方は以下になります。
♭レ(短2度) ♭ミ(短3度) ♭ソ(減5度) ♭ラ(短6度) ♭シ(短7度)
言葉で読むと難しいので、鍵盤を見ながら理解していくと覚えやすいです。
ギター指板(フレット)だと鍵盤白鍵黒鍵を順番に並べているので、さらに理解しやすいかもしれません。

これは音楽をやっていく上で絶対に覚えおいた方が良い表記なので、分からない人はとりあえず暗記でも良いので覚えておいた方が良いです。

 

度数表

上記の表記の中で唯一ある「」ですが、この完全1度減5度の関係を「トライトーン」といいます。
12音階の中で一番相性が悪いと言われていて、「悪魔の音」と言われていたみたいです。
しかし、現代ではこのフラットファイブの関係はロックで非常によく使われます。

「長・短」「完全・減」

半音高さが近いか遠いかという違いで長・短完全・減を使い分けて表記します。
「4度」「5度」「8度」がなぜ「完全」という表記をするかというと、それは振動相性が良いということなんです。

振動数完全度数関係は以下になります。

完全8度」は 2 : 1
(主音を「」にすると1オクターブ上の「」)
完全5度」は 3 : 2
(主音を「」にすると「」)
完全4度」は 4 : 3
(主音を「」にすると「ファ」)

上記の3つ音は完全ハーモニーになります。
それ以外の振動数の比は割り切れません。

12音階の中で完全ハーモニーが良い「完全4度」「完全5度」「完全」つけて表記します。
これから音楽を作っていく上で、この5度(ドミナント4度(サブドミナントが、かなりキーワードになっていきます。

作曲をたくさん経験していくと、度数の関係性が分かってくるので「長」「完全」の違いは感覚で分かるのですが、最初は覚えるしかないかもしれません。

 

度数はたまに、♭レ(増1度) ♭ミ(増2度) ♭ソ(増4度)♭ラ(増5度) ♭シ(増6度)という表記が見られますが、一般的には「長・短」「完全・減」で分けられます。

 

ま と め

度数がわかっていないと和音ハーモニースケールの違いが説明できません。

度数に加えて異なる音同士相性などを理解すると、メロディの作り方やコード進行バリエーションが増えると思います。

今回は「度数」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム