6分でわかる「平行調」とは?

こんにちは。マサツムです。

平行調(へいこうちょう)は曲作りにとってとても大切なワードです。

作曲家を目指す人は、平行調意味役割を覚えておきたい必ず通るコードの言葉です。
基本スリーコードの次のステップ平行調だと思ってください!

今回は「平行調」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

平行調」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

平行調とは?

平行調(relative key)とは、同じ調号長調(メジャースケール短調(マイナースケール関係のことをいいます。

楽譜でいうとト音記号の右に付く「♯」(シャープ)「♭」(フラット)の数が同じものです。
そのキートニックとなるコードは、互いに長調短調のという響の違うものですが、使用しているが同じため、曲中で代理コードとして使われます。

代理コードとして使う平行調

各メジャーコード、マイナーコード平行調があります。
とても仲の良いこのコード同士は、曲中で代理コードとして入れ替えて使用する場合がよくあります。
楽曲の基本のスリーコードにそれぞれ平行調を加えて、6つコードでかなりの曲が演奏できます。
この6つのコード近親調または関係調といいます。
わかりやすく平行調を表にしました。
長調(メジャー) 短調(マイナー)
C Am
C# A#m
D Bm
D# Cm
E C#m
F Dm
F# D#m
G Em
G# Fm
A F#m
A# Gm
B G#m

表と照らし合わせて説明すると、キーCの場合、スリーコード「C」「F」「G」になります。
そのそれぞれの平行調「Am」「Dm」「Em」になります。

曲によってはセブンステンションノートなどが付きますが、基本的にこの6つコード骨組みは作られています

代理コード平行調のほかにセブンスディミニッシュ、フラットファイブコードを使うこともあります。
むずかしそうにも思えますが、コード同士の2つ以上共通音あると代理コードとして使用できるものがあるということです。
これはキーによって変わってきますが、ドミナントコード7度マイナーフラットファイブ代理コードになるなど、鍵盤を触りながら確かめると代理コードのバリエーションが広がります。
これにより編曲レベルがかなり上がります。
ま と め

冒頭でも書きましたが、平行調を知ることは作曲法の知識としてスリーコードの次のステップです。
平行調関係性コード進行にも影響してきます。
最初はあまりむずかしく考えすぎなくても良いですが、基本ごとは意味をしっかり把握しておくことは大切です

今回は「平行調」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム