6分でわかる「近親調」とは?

こんにちは。マサツムです。

近親調(きんしんちょう)とはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、曲作りの答えみたいなワードです。

作曲家を目指す人は、近親調という言葉よりもどんなコードのことを指すのかを覚えるのは必須です。

今回は「近親調」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

近親調」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

近親調とは?

近親調(related keys)とは、主調(トニック)に対して、①属調(ドミナント)、②下属調(サブドミナント)、③主調平行調、④属調の平行調、⑤下属調平行調5つコードのことをいいます。
関係調と呼ぶこともあります。

近親調以外のコードのことを遠隔調といいます。

みんな親戚、近親調

近親調はみんなそれぞれ関係性があります。
近親調を説明するときに良くあるが以下になります。(図1)
近親調とは
図1

 

 

わかりやすく、この表にKey「C」だった場合のコードを入れてみます。(図2)

 

近親調のしくみ
図2

 

Key「C」の曲に使われるコードがでてきました。
真ん中の縦のライン3コードです。
すべての縦のライン、横のラインが規則的に関係性を持って並んでいるのがわかります。

まさしく親戚の家系図のようです。

 

近親調で曲作りのコツ

上記の表で出てきたコードを使ってを作ってみましょう。

曲のKey主調(トニック)同主調はあまり使うことはないですが(KeyCの場合はCm)、ほかのコードは1曲の中にすごくでてきます。
3コードを軸に考えて、代理コード平行調に置き換えたり、ノンダイアトニックコード同主調を合間に入れて安定不安定を作り、曲に抑揚(よくよう)をつけていきます。

「ここでこのコードに置き換えると、こんな響きになるんだぁ」というように、まずは近親調の中でコード進行の感覚を憶えることが大切です。

ま と め

作曲・編曲は経験が大事です。

その中で基本がしみ込んでいるのといないのとでは、経験の生かし方が違ってきます

曲作りのステップとしては、

3コードで曲を作ってみる。
3コード平行調を取り入れてみる。
近親調を意識して曲を作ってみる。
この順番で曲作りをくり返すと、コード進行リアルタイムアドリブで出てくるようになり、曲作りが楽しくなると思います!

今回は「近親調」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム