DTM音楽用語095「フィルター」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMをやっているとフィルターという言葉がよく出てきます。

主に音作りに関することですが、今回は「フィルター」を分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

フィルター」って何をするの?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

フィルターとは?

フィルター(Filter)とは、設定した周波数帯域だけを通すエフェクターのことをいいます。

フィルターといえば一般的にろ過するフィルターを思い浮かべると思いますが、ろ過するというイメージで考えると意味は同じです。

EQでの処理をする人が多いですが、専用のプラグインもあります。
フィルターの種類はたくさんありますが、それぞれ役割にあったフィルターのかけ方をします。

ミックス時にはひとつひとつの各楽器フィルターをかけて、全体のミックスバランスよくさせるとても大事な作業です。

DTMでは他にも「リフレクションフィルター」や「ポップフィルター」など、遮音する用途の機材に「フィルター」という名前がつきます。

フィルターの種類

フィルターの種類には名前が付いています。
それぞれの役割は以下になります。

LPF(ローパスフィルター)

 

ローパスフィルターの効果

ハイカットと同じ意味で、低域の音だけを通すフィルター。
シンセの「カットオフ」もこれにあたります。
デジカメなどの撮影で録れた音声など、高域の雑音の帯域をカットするのによく使われます。

HPF(ハイパスフィルター)

 

ハイパスフィルターの効果

ローカットと同じ意味で、高域の音だけを通すフィルター。
DTMではこのフィルターが不可欠で、各楽器にこの処理を行います。
マイクなど機材に直接ローカットのスイッチがついているものもあります。

BPF(バンドパスフィルター)

バンドパスフィルターの効果
ハイカットとローカットがどちらも設定した状態のフィルター。
低域と高域の音を通さないため、レンジが狭くなりラジオや電話の音声のようになります。
ローファイサウンドを作る時によく使われます。

BEF(バンドリジェクトフィルター)

上記のものと比べて使用頻度は少ないですが、狙った周波数帯域の音量を減衰(げんすい)させます。

バンドリジェクトフィルターの効果

Notch Filter(ノッチフィルター)

ライブなどの現場ではハムノイズやハウリングの周波数を、ピンポイントで狙います。

ノッチフィルターの効果

ローカットの重要性

DTMではHPF(ローカット)がとても重要になります。
マイクが拾う低音など、楽器に含まれる低音は混ざり合うとグチャグチャになってベースの邪魔をしてしまいます。
各楽器しっかりローカットをして、キック、ベース低域空間を空けてあげなければいけません。

キック&ベース

キックやベースもローカットする場合があります。
ベースはローカットすると不思議と低音がしっかり聴こえたりします。
キックの反応する帯域、ベースの帯域をアナライザーで確認しながら良い位置でローカットを設定します。
設定数値は曲にもよりますが、20〜40Hzあたりにローカットを設定します。

スネア

スネアの種類でだいぶ異なりますが、芯となる帯域が80Hz前後にあるので、音圧がなくならない程度のところの以下でローカットを設定します。
スネアのローは結構邪魔になることが多いのでローカットをするとスッキリします。

ギター

ギターの美味しい厚みの部分約150Hz〜200Hzを残しつつ、ローカットをしてスッキリさせます。
ギターも低音の渋滞を起こす原因になりやすいので、たくさん楽器の重なる楽曲になるとローカットは必須です。

ボーカル

ボーカルは不要な低音をよく拾うのでローカットは必須です。
マイク自体にローカットがついてあるものも多いので録り音からローカットをしても良いです。
男性、女性よって変わってきますが、アナライザーを見ながら、いらない低域150〜200Hz以下をバッサリカットしても良いです。

 

人の耳に聴こえない20Hz以下の音は気づかないうちにコンプなどのエフェクターが拾って、余計なリダクションがかかってしまいます。
それを防ぐためにもローカットは必要です。

フィルターで音作り

フィルターの機能を使って、動きのある音作りができるプラグインもあります。
wavesの「MetaFilter」というプラグインアナログ質感があるシンセのような音作りができます。

ま と め

最近の楽曲は音がたくさん重なる曲が多くて、アレンジ、ミックスをしていてもフィルターをガンガンかける思いきりが必要になります。

その中で全体の混ざり方も重要になってくるので、いろんなフィルターを大げさにかけてミックスを試してみると、とても良い経験になります。

今回は「フィルター」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム