DTM音楽用語136「マルチティンバー」とは?

こんにちは。マサツムです。

マルチティンバーという言葉はDTMでは良く出てくるワードだと思います。

しかし、その機能をあまり使っていない人も多いと思います。

今回は「マルチティンバー」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

マルチティンバー」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

マルチティンバーとは?

マルチティンバー(Multitimbral)とは、 ひとつのソフト複数楽器の音が入っていて、そのソフト内で同時にを鳴らす機能のことをいいます。

複数(マルチ)音色(ティンバー)マルチティンバーを呼ばれます。

DTM楽曲を作るといろんな楽器音色が必要になります。
ベース、ギター生演奏録音する人が多いですが、ドラム、パーカッション、ピアノ、オルガン、シンセなどなど、宅録をする人にとってはMIDIコントローラーで打ち込み、それを鳴らすソフト音源が必要です。
そして、マルチティンバーの機能が付いていると、そのソフト内音源を探して出力調整できるので、ソフトの中にもう一つDAWの世界があるという感覚で作業ができます。

マルチティンバー音源は人によって使いやすい人とそうでない人に分かれますが、いろんな音色が入っているマルチ音源ソフトは持っておきたいソフトです。

マルチティンバーの機能を持ったソフト音源

マルチティンバー機能が付いているのは、いろんな音色が入っているマルチ音源ソフトです。

DAWに最初から付いているソフトで、ある程度の音色は作れますが、だんだん本格的な音色が欲しくなってしまいます。
たくさんの人がまず最初に、ドラムの音源が欲しくなると思います。
それからストリングス、ブラス、シンセ…のように次から次へと欲しいものが増えていきます。
マルチ音源ソフトがあるといろんな音色が扱えて、プラスいろんな楽器勉強になって、DTMはじめたての人にはオススメです。

Native Instruments「KOMPLETE」

初めて追加のプラグインを求める人には超オススメ。
正確には「KOMPLETE」に入っている「KONTAKT」がマルチティンバー機能のついたソフトです。
「KOMPLETE」には、とにかくたくさんの音色が入っています。
ドラムから生楽器、シンセ、プラグイン・エフェクトまでほぼ揃ってしまいます。
グレードは「ULTIMATE」を購入すれば当分音源ソフト、プラグインに困ることはないと思います。

IK MULTIMEDIA「SampleTank」

こちらはソフト音源の人気シリーズ。
シンセ系の音は少し弱いかもしれませんが、生楽器の音はとても気持ちいいです。
オーケストラ、民族楽器などにも強いです。
エフェクト関係も高音質のものが揃っています。

Spectrasonics「Omnisphere」

シンセを扱う音楽を作る人にはとても重宝します。
プリセット音色数が多く、シンセ系の音ならイメージの音を見つけられると思います。
効果音にできそうな音色もたくさんあります。

Steinberg「HALIon」

Cubaseに簡易版が付いていたり、使用している人が多いソフト。
ピアノも音質が良く、シンセも全体的にバランスが良いです。
アルペジエーターもとても戦力になります。

マルチティンバーのデメリット

マルチティンバー機能便利そうに見えますが、人によってはあまりその機能を使わない人もいます。

マルチティンバーを出そうと思ったら、DAW上でMIDIトラックを作って、ソフトリンクさせないといけないので、結局トラック数は増えてしまいます。
そのソフトで完全に完結できるくらい使い慣れていればいいのですが、やはりDAW上で使えるプラグインなどを使って全体のバランスを取りたいので、そこからパラアウトすると、それ専用のトラックが増えてしまいます。

オートメーションなど細かい調整はマルチティンバー上ではできません。
その場合もやはりパラアウトしなければいけません。

マルチティンバーを使わずに、各トラックマルチ音源インサートして使うと、CPU負荷がかかりますが、一つのソフトマルチティンバーを使ってたくさんの音色を立ち上げると、結局負荷がかかります。

このように、結構デメリットは多いです。

メリットといえば、全く同じ演奏をして音をいくつか組み合わせるレイヤーサウンドを作る場合は、MIDIエディットが一つの操作で済むので、少しだけ楽です。

ま と め

マルチティンバーの機能を使わないにしても、マルチ音源ソフトは便利です。
なかなか全音色を把握するのはむずかしいですが、データの容量が許す限り、持っていて損はありません!

今回は「マルチティンバー」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム