DTM音楽用語129「ハモンドオルガン」とは?

こんにちは。マサツムです。

楽曲の中によく使われる音色とそうでない音色がありますが、よく使われる音色はしっかり把握しておかないと、DTMをやっていて困ってしまうことがあります。

オルガンも非常によく使う音色です。

今回は「ハモンドオルガン」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ハモンドオルガン」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ハモンドオルガンとは?

ハモンドオルガン(Hammond Organ)とは、 トーンホイールを使って音を出すオルガンのことをいいます。

大きなパイプオルガンを小さな場所でも演奏できるように、時計職人(ハモンドさん)歯車を使ってを出すしくみを作った電気オルガンです。

ドローバーを使って倍音を組み合わせて、音色を変えることもできます。

ハモンドオルガンは古くからジャズロックで活躍して、現在も楽曲に入れば存在感を出してくれます。

ハモンドオルガンのしくみ

パイプオルガンは風を送って、リコーダーのしくみで音が出ます。

ハモンドオルガンパイプオルガンとは違い、電気を使って音を出します。
トーンホイールという歯車回転させて磁気振動を起こし、それをコイルピックアップを拾って出力します。

の出るしくみは、エレキギターと同じです。

当時、パイプオルガンのような音の広がりを再現するのはむずかったですが、ハモンドオルガンにも音の広がり、揺れを出すためにレスリースピーカーとのセットが必須でした。
そして、あの独特なサウンドが、ロックでも大活躍してきました。

DTM音楽用語106「レスリー・スピーカー」とは?

ドローバーで音色作り

「B-3」専用のソフト音源

ハモンドオルガン専用ソフト音源もたくさんあります。
シンセなどのオルガン音色より、やはりハモンドオルガン専用ソフト音源存在感があります。

作曲・編曲にはハモンドオルガンは大きな役割を果たすので、DTM作曲・編曲する人は必ず一つは持っておきたいソフトです。

ハモンドオルガンの中で最高傑作と呼ばれている「B-3」という機種があります。
ハモンドオルガンといえば「B-3」で、サウンド面でもこちらを元にシミュレートされたものが多いです。

なかでも、IK Multimedia の「Hammond B-3X」はメーカー公認ソフト音源で、細かいところまで本格的にシミュレートされていて、ハモンドオルガンソフト音源ではオススメです。

ま と め

オルガンといえば、ハモンドオルガン。
ロック、ジャズ、ポップスに使われているのは、やはりハモンドオルガンです。

ハッキングに弾いても良し、白玉で埋めても良し、雰囲気作りにも最適なハモンドオルガン。
DTMをやっていて、この楽器を使わない手はないですね!

今回は「ハモンドオルガン」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム