DTM音楽用語080「パラアウト」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMを始めたての頃は、少なめのトラック楽器を重ねて楽曲を完成させると思います。
ドラム、ベース、ギター、ボーカル、この4つトラックあれば曲は形になります。

少ないトラックを作るのはすごく楽しいですが、いろんなバランスを調節してより豪華な楽曲にするには、各楽器を分解してそれぞれその役割にあった調節をしなければなりません。

今回は「パラアウト」を分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

パラアウト」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

パラアウトとは?

パラアウト(Paraout)とは、複数チャンネル音色を扱う音源ソフト、またはハードウェア出力を、個別で出力することをいいます。

正確にはパラレル・アウトプット」(Parallel Output)といい、略して「パラアウト」と呼んでいます。
インディビデュアル・アウトプット」(Individual Output)とも呼ばれます。

別機器シーケンサーに打ち込んだ音データパラアウトで出力してDAW上に取り込むことがあります。
この場合はシーケンサーから「パラ出し」して取り込む、という使い方をします。

パラアウトをよく使う場面

ドラム音源

DTMパラアウトがよく使われるのが、ドラム関係の音源です。
ドラム音源ソフトリズムマシーンは、そのソフト内でミックスをまとめられますが、キック、スネア、ハイハットなどDAW上のトラックにそれぞれパラアウトすれば、個別で調整することができます。
DAW上で単体のを把握(はあく)できれば、全体のミックスもやりやすくなります。

ドラムパラアウトでのミックスは、ソフト内ではなくDAW上でミックスしなければならないので慣れていないと、まとまりがなくなるというデメリットがあります。
なんだかスネアだけ浮いている」ということにもなりかねません。
こればかりは経験を積んで慣れていくしかありません。

マルチティンバー音源

マルチティンバー音源✴︎は、ひとつのソフト音源複数音色を扱えるので、パラアウトできれば音色ひとつずつソフトを立ち上げなくても、その音源から同時にたくさんの音を出力できます。

✴︎マルチティンバー音源・・・ひとつのソフトで複数の音色を同時に鳴らせるソフト音源

パラアウトの設定

パラアウトの設定はソフトによって異なりますが、基本的にソフト内の各音色アウトプットチャンネルを指定して、DAW上のトラック入力をそのチャンネルに合わせれば、音信号トラックに送られていきます。

例で「Addictive Drums 2」と「BATTERY 4」をprotoolsパラアウトをする方法を説明します。

Addictive Drums 2」は各パートの一番下にある「↓」クリックすると、Pre FaderPost Faderかを選択できて、パラアウトの設定ができます。

Pre Fader音素材そのままの信号がパラアウトされます。
Post Faderソフト内でエディット後の音信号パラアウトされます。

Addictive Drumsパラアウト

 

BATTERY 4」はパラアウトしたいセル右クリックすると、Output → Direct Out →と選択してパラアウトチャンネルを設定します。

Batteryパラアウト

 

ソフトパラアウトの設定ができたら、protoolsトラックの入力から、プラグイン → 入力したいパラアウトの信号という流れで設定すれば、任意の音信号が送られてきます。

protoolsパラアウト

MIDIパラアウト

MIDIデータを各パート別でトラック分けをすることもできます。
キック用トラックスネア用トラックなど、各パートがいつ音を出しているのかがわかりやすくなります。

しかし、トラックが増えて編集が大変になるというデメリットもあるので、こちらはやりやすいスタイルで作業すると良いと思います。

ま と め

パラアウトを扱うのは、最初は把握するのに慣れないと混乱してしまいますが、確実にDTMのワンランクアップする技術です。

まずは把握できる範囲で慣れていき、使い方が固まってきたらフォーマットを作り用意しておけば、制作がスムーズに進みます。

今回は「パラアウト」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム