『T-RackS Sunset Sound Studio Reverb』ワクワクするレコーディング・シミュレーション・ツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。

今回はコンボリューション・リバーブIK MultimediaT-RackS 5TR5 Sunset Sound Studio Reverb』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

まずはひとこと。

名盤を作ってきたSunset Sound StudioのIRリバーブ!

特 徴

  • 伝説のLAスタジオ「Sunset Sound Studio」の空間を再現
  • 空間をシミュレートして残響音を作る、コンボリューション・リバーブ・プロセッサ。
  • 簡単操作でリアルな残響音を生成。

「Sunset Sound Studio Reverb」を使ってみた感想

今回紹介するのはIK Multimediaの『TR5 Sunset Sound Studio Reverbという、伝説のLAスタジオSunset Sound Studio」をシミュレートしたコンボリューション・リバーブプラグインです。

コンボリューション・リバーブとは、IRリバーブとも呼ばれ、普通のデジタルリバーブとは違い、空間をシミュレートして音に残響を加えていく方法のリバーブです。
DTMではよく出てくるリバーブです。

今回のプラグインTR5 Sunset Sound Studio Reverb』は、「Sunset Sound Studio」という「ローリング・ストーンズ」「ドアーズ」「レッド・ツェッペリン」「ヴァン・ヘイレン」「プリンス」などの名盤を生み出したスタジオの、3つの「エコー・チェンバー」「ライブ・ルーム」「アイソレーション・ブース」に加え、「プレートリバーブ」「スプリング・リバーブ」を再現することができるツールになっています。

使ってみた感想は、残響音クリアというより、生々しくて伸びがキレイといった感触でした。
生演奏好きの僕にとっては、結構感動ものでした。

やはり生楽器にすごく馴染みが良いという印象で、特にドラムには完璧な仕事をしてくれます。
パワー一体感がグッと出てきます。
プレート」「ブース」はにはとても使えます。
ギターにも臨場感が加わり楽しくなってきます。
ということで生楽器の臨場感を本当によく作ってくれます。

パラメーターも複雑ではなく分かりやすいので、レコーディングのオモチャ感覚で扱えて、かなり楽しいです。
実写付きでどのようなリバーブかも分かりやすいので、設定後に右の「DRY」「WET」を使えばイメージの音を作りやすいと思います。

右上に「360°」マークがある画像は、グーグル・ストリートビューのようにマウスドラッグすれば、部屋の環境が360°確認できるというオマケIKっぽくてたまらないです。
録音状況や部屋の広さ天井の高さマイクセッティングなど、さらに部屋の環境がよくわかります。
いじっていたら楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー
画面を回してチェックすると、天井が高く、マイク位置が高い設定というのが確認できる

「Sunset Sound Studio Reverb」使い方

TR5_Sunset_Sound_Studio_Reverb 使い方レビュー

❶「REVERB TYPE」

ここの左の4つのボタン「CHAMBER」「LIVE ROOM」「ISO BOOTH」「PLATE SPRING」からリバーブのタイプを選べます。

CHAMBER

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

残響音を生成するために作られた部屋。
壁の反射音を広いリバーブを作ります。


LIVE ROOM

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

レコーディングルーム。
生ドラムやストリングスなどマルチに使う部屋です。


ISO BOOTH

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

ボーカル録音やギターをタイトに録音する時に使う隔離されたブースです。


PLATE SPRING

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

Sunset Sound Studio Reverb 使い方レビュー

プレート・リバーブを2種類「EMT 140」「Echoplate」、スプリング・リバーブを1種類「AKG BX-20E」を用意されています。

❷ 残響音を調整

「PRE DELAY」と「DECAY」で残響音を調整します。

  • 「PRE DELAY」・・・反射音までの時間。
  • 「DECAY」・・・残響音が減衰していく時間。

❸ フィルターとEQで質感を調整

フィルターは「ハイパスフィルター」と「ローパスフィルター」、EQは「低域」と「高域」の調整ができます。

  • 「HPF」・・・OFFにするか、10Hzから20kHzの間でハイパスフィルターをかけられます。
  • 「LOW」・・・低域200Hz固定で±12dBの調整ができます。
  • 「HI」・・・高域5kHz固定で±12dBの調整ができます。
  • 「LPF」・・・OFFにするか、40Hzから20kHzの間でハイパスフィルターをかけられます。

❹ マイクの設定で音の広がりを調整

「MIC」で使用するマイクをセレクトすることができます。
「WIDTH」でステレオイメージャーの設定で音の広がりを調整することができます。

❺ パラレルコンプを調整

「DRY」(原音)と「WET」(エフェクト音)の割合を調整できます。
「SOLO」でそれぞれの音だけで確認でき、ここのパラレルコンプの調整でリバーブのかかり具合をイメージの音に最終調整できます。

プリセットで音作り

プリセットは「インサート」用と「センドリターン」用が用意されています。
設定はどちらも同じですが、「WET」の量だけセンドリターン用はフルテン(100%)になっています。

CHAMBER」「STUDIO 1」のセッティングや「LIVE ROOM」「STUDIO 2」のセッティングのように、ひと通りのパターンが用意されているので、プリセットから音作りを調整していくのが良いと思います。

ココが好き!

実写で分かりやすいエディット!

パラメーターもシンプルで分かりやすい!

音質が生々しくリアル!

気になった点…

IRリバーブは仕方ないですがCPU負荷が大きいです…。

こんな方にオススメ!

  • 生演奏が好きな人
  • ドラムの音作りを追求したい人
  • レコーディングの歴史が好きな人
  • IK Multimediaが好きな人
ま と め

まとめとしては「バンドサウンドの臨場感をうまく再現できるIRリバーブ」といったところでしょうか?

IRリバーブは重いので、ガンガントラックに挿せませんが、ドラムバスやボーカルに積極的に使っています。
DTMを使って自宅でレコーディングを体感するという楽しみ方もできます。
まだ、IRリバーブを持っていない人には、オススメのアイテムです!

今回は、「TR5 Sunset Sound Studio Reverb」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム