初心者にもわかりやすい「センドリターン」とは?

こんにちは。マサツムです。

ギターリストの人は、リハーサルスタジオライブ会場ギターアンプを扱うことが多いと思いますが、大きなアンプについている「SEND」端子と「RETURN」端子の使い方をイマイチわかっていない人は多いと思います。

ストンプエフェクター(足元のコンパクトエフェクター)を使う時も種類によってはセンドリターンの方が、とても効果的を作ることができます。

そして、DTMにもセンドリターン作業効率アップの重要な手法です。

今回は「センドリターン」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

センドリターン」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

センドリターンとは?

センドリターン(Send Return)とは、音信号を一度、別の回路に送りエフェクト効果を加えて音信号を戻すエフェクトのかけ方のことをいいます。

ギターアンプなどに「SEND」端子と「RETURN」端子がついていて、エフェクトをより良い効果でかけることができます。

DTMにも効果的で、CPU負荷の高いリバーブなどの空間系はたくさんトラックに立ち上げると、パソコンの動きが悪くなってきますが、センドリターンを使えばリバーブをひとつ立ち上げて、全トラックに効果をつけることができます

 

ギターアンプにセンドリターン

ストンプエフェクターを使う時は、たいていの人がギターアンプの間にエフェクターを挿すと思います。(図1)

センドリターンの接続
図1

ギタープリアンプによって倍音が加えられて心地よいサチュレーション効果を生み出してくれます。

しかし、エフェクターが間に入ると(特に空間系)思ったアンプ感にたどり着けない場合があります。

ディレイなどがかかったプリアンプによってサチュレーション効果を加えても、少しが雑になってしまいます。

真空管を通った心地よいを、ディレイリバーブで響かせたくなります。
そういった時にギターアンプ「SEND」端子と「RETURN」端子を使って図2のように接続します。

 

センドリターンの接続
図2

 

 

DTMでセンドリターン

DTMにもセンドリターンは重要です。
リバーブなどの重たいプラグインセンドリターン用に立ち上げて、各トラックリバーブ効果を加えるといった方法です。
ほとんどの人がこの手法を使っています。

 

センドリターンのメリット

  • CPUの負荷を抑えられる。
  • 一曲を通して全体のリバーブ感に一体感ができる。
  • 作業効率が上がる。

トラックセンドリターンは使用量の調整しかできません。
個別パラメーターの調整ができないため、もちろん曲の中で直接インサートするトラックもあります。

センドリターン用のリバーブは、DRY/WETのような調整ができるものは、WET100%にします。
DRYを混ぜても意味がありません。
ポイントとしては、リバーブの前にEQを挿して、音がセンドで入ってくる前に中低域を抑えると音像の渋滞が抑えられます。
曲やリバーブの残響量によって渋滞しがちの周波数帯域は変わってきますが、センドリターンをある程度使った状態で、挿したEQを調整すると2MIXの印象が変わります。
ま と め

センドリターンのまとめとしましては

「ギターアンプで音を出すなら、より良い音での演奏したい」

「作曲・編曲に集中するために、DTM作業効率を良くたい」

といった効果を得られるということでした。

ほかにも、この別回路を使うという方法でできることはいろいろありますが、よく使われる使い方を紹介しました。

今回は「センドリターン」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム