DTM音楽用語132「2mix」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMをやっている人なら一度は聞いたことのある2mix。

とにかくDTMでは2mixだらけです。

今回は「2mix」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

2mix」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

2mixとは?

2mix(ツーミックス)とは、 マルチトラックデータを、左の音声(L)右の音声(R)の2チャンネルにまとめたステレオデータのことをいいます。

世の中の楽曲のほとんどが、ステレオ2mix状態のデータということになります。

DTMをやっていると、この2mixという言葉のやりとりがたくさん出てきます。

DAWでたくさんの楽器録音して、たくさんトラックを作って作業するのも、最終的に2mixを作るための作業です。
ミックスダウン(トラックダウン)マスタリング前2mixを作って、マスタリングCDプレス前の最終2mixを作ります。

ネット上にあげる楽曲データ2mixデータです。

5.1chサラウンドデータ2mixではなく、5.1chミックスデータになります。

2mixの作り方

DAW上のたくさんのトラックステレオ2mixデータにする場合、バウンスという機能を使います。

バウンスする時に解像度ファイル形式「mp3」「wav」などを選択して書き出せば、2mixデータが作成できます。
モノラルを選択すればモノラルデータで書き出せます。

音質を落とすことなく、データのやりとりをする場合は「wav」で書き出すのが一般的です。
最終楽曲データを渡す時もwavデータ2mixを送ります。

ステムミックス

エンジニアさんにミックスしてもらう時に、データを「ステムで下さい」と頼まれることがあります。
アレンジャーの方にリアレンジしてもらう時、「簡単でいいのでステムで下さい」と頼まれることがあります。

ステムミックスの例

ステムミックスとは、楽器ごとに分けてそれぞれ書き出すデータのことをいいます。
  • ドラムキットをLRにパンニングした2mix
  • ベースのモノラルデータ
  • ギターをそれぞれまとめたデータ
  • シンセをそれぞれまとめたデータ
  • ストリングスをまとめた2mix
  • ブラスをまとめた2mix
  • 効果音をまとめた2mix
  • コーラスをそれぞれまとめたデータ
  • ボーカルのモノラルデータ
というように、エンジニアさんによって要望はさまざまですが、楽器ごとに分けて書き出したデータにします。
それぞれステレオ効果のあるパート2mixで書き出します。
簡略する場合は、ギター、シンセ、コーラスなども2mixにしたり、もっと簡略化する時はドラムベース以外の上物を「ギター2mixと「ギター以外2mixに分けるという時もあります。
ステムミックスによって、50〜100くらいあるようなトラックデータも、10〜20くらいのデータで渡すことができます。
簡略すれば5〜10くらいにできます。

自分のミックス前にステムミックス

自分自身で最終ミックスする時もステムミックスを有効に使う人もいます。
ステムからミックスダウンをするということは、それぞれバスを組んでミックスダウンするのと同じことです。
現在はDTMの進化でトラックがほぼ無限に作れるので、完全にステムミックス状態にしてミックスダウンするということはあまりしないかもしれませんが、ステムにしてしまえばいい意味であきらめがつくという考え方もあります。
コンプをかけ録りするかしないかという考え方にも似ています。
あとで細かい調整ができないのは不便と思うかもしれませんが、各パートで先にミックスすることによって、それぞれのパートを把握した状態で、最後にステムをまとめるというやり方の人は昔からたくさんいます。
膨大な量のトラックトラック同士でまとめるほうが悪いバランスになったりします。

ま と め

2mixはDTMでは大変よく使う言葉ですが、始めたばかりの人にたまに質問されるので取り上げてみましたが、ステムミックス中心の記事になってしまいました。

たくさんの想いがこもった演奏や歌が楽曲になり、LとRの2mixに収められてきたと思うと、楽曲は進化しても音楽の基本の大切なところはずっと変わらないんだなと感じます。

今回は「2mix」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム