T-RackS 5『TR5 Dyna-Mu』定番のマスタリング・コンプ「バリ・ミュー」をモデリング! 使ってみた・使い方レビュー

DTM

こんにちは。マサツムです。

今回は真空管コンプレッサーIK Multimediaの『TR5 Dyna-Muの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 Dyna-Mu使い方レビュー

まずはひとこと。

ナチュラルなリッチ感を加えてくれるコンプ!

特 徴

  • 大定番の「Manley Variable MU Compressor」を再現したプラグイン。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Dyna-Mu』というプラグインです。

大定番のマスタリングコンプレッサー「Manley Variable MU Compressor」モデリング・プラグインです。

「バリ・ミュー」という愛称で呼ばれるこのコンプは、ほかのメーカーからもモデリング・プラグインはたくさん出ています。

真空管リッチサウンドが楽曲全体を馴染ませて、音をグッと押し上げてくれる感じです。

マスターに限らず、各楽器にもとても効果的で、リッチな芯を作ってくれます。
キックベースボーカルがとても良いところを補ってくれます。

バストラックにもかなり効果的で、ドラムバスに挿すと躍動感(やくどうかん)、存在感、そして一体感が出るので、個人的にドラムバスに使うことが多いです。

そして、今回のTR5 Dyna-Mu』ですが、使った印象はとてもナチュラルに、そして優しく音を持ち上げてくれるという印象でした。

優しくといっても効果が薄いというわけではなく、音楽的に耳に痛くない感じで音が持ち上がってくれます。
HARDにすればリミッターのような強いコンプもかけることができますが、それも心地よいです。

「TR5 Dyna-Mu」の使い方

TR5 Dyna-Mu使い方レビュー

 

パラメーターはいたってシンプルでTHRESHOLDATTACK」「RELEASEの設定でコンプのかかり具合を調整してきます。

レシオが付いていないのが、この「Manley Variable MU Compressor」モデリングの特徴で、VUメーター左にあるHARDのスイッチをONにすると「4:1」の強いコンプで、OFFにすると「1.5:1」のゆるやかなコンプになります。

SCの100Hz固定のサイドチェイン・ハイパスフィルターが付いているのもありがたいです。

INPUTを突っ込んでいくと、真空管のサチュレーション効果も加わってきます。
その際はTHRESHOLDの設定を調整して、入力信号に対してコンプがかかりすぎないように調整します。

OUTPUTで最終的な出力を調整していきます。

ココが好き!

質の良い音圧が加えられる!

ハイパスフィルターが便利!

気になった点…

特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • マスタリングまでする
  • 定番の機材に興味がある人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「シンプルで最後の調整で馴染ませて質を上げてくれるプラグイン」といったところでしょうか?

マスターの調整は少々慣れが必要ですが、ナチュラルで質感の良い定番のコンプは、マスター調整の強い味方になります。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 Dyna-Mu」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム