DTM音楽用語017「位相」とは?

こんにちは。マサツムです。

昔からレコーディングには「位相」は重要なワードになります。

最初の頃はフェーズ・スコープをただただ「気持ちいいなぁ」とずっと眺めていました。

しかし、位相とはそんな飾りのものではなく、理解していないと、せっかく録音した音も台無しにしてしまうほど重要なことです。

今回は「位相」誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

位相」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

位相とは?

位相(phase) とは、振動プラスマイナス相対していく変化をいいます。

レコーディングでは、この位相を把握してコントロールできるかできないかで、ミックスに差が出てしまいます。

DAWの中でわかりやすく言うと波形です。
オーディオファイルアップにした時に見られるです。

位相の説明
音の波形

位相のズレによって起こる症状

同じトラック同時再生した時、位相がずれているとが引っ込んだり、素材そのもののが聴こえてこないという現象が起こります。

音が打ち消しあう

ミックス中、もしも波形がまるっきり反転してしまうとプラスとマイナスで打ち消しあって、音は消えてしまいます。

位相の説明

音がうねる

今度は少しだけずれていると、打ち消し合うか合わないかのような感じで、音がうねり始めます。
ズレ方によっては耳障りの悪い音になります。

位相の説明

位相による音の劣化を防ぐには

こういった位相ズレマイク2本以上立てて録音すると距離感録音状況位相ズレ発生します。
ドラムキックスネア、ギターアンプ、ピアノなどなどマイクを数本立てて録音することはよくあります。

そのほかには、プラグインによるレイテンシーなどで位相ズレることもあります。

一般的に位相ズレ波形を揃(そろ)えるか、片方を反転させると解消されます。
反転の方法はEQなどによく逆位相ボタンが付いているので、そちらを押せば波形反転します。

小さいものはわかりにくいですが、逆位相ボタン赤丸を付けてみました。

位相のボタン

位相トラック間で自動調整してくれるとても便利なプラグインもあります。

MAutoAlign
MeldaProductionの「MAutoAlign」

フェーズ・スコープでチェック

フェーズ・スコープとは、ステレオチャンネルの出力の定位(左右のパンニング)を表示しながら位相チェックができる機材です。
上半分180度のものと360度のものがあります。
ベクトル・スコープとも呼ばれます。
プラグインでもたくさん出ています。

フェイズスコープとベクトルスコープ フェイズスコープとベクトルスコープ

モノラル音信号縦垂直に表示されます。
左右斜め45度までの範囲が正相の範囲で、それ以上の左右90度までが位相の範囲として表示されます。

位相が増えすぎると聴きにくい音楽になるので、注意が必要です。
かといって正相だけだと広がりにかけてしまいます。
たくさんミックスを経験して、程よいバランスを感覚で見つけることが大切です。

位相を効果的に使う

位相を引っ込めてしまったり、うまく処理をしないと厄介(やっかい)なことですが、位相によっていろいろな効果も得ることができます。

例えば、エフェクターコーラス」「フェイザー」「モジュレーション」などは位相を使って効果を作ります。

MS処理位相を使ってサイド広がりを作るという効果もあります。

位相をずらすことによって、ステレオイメージャーの効果でさらに外側右、左から聴こえるようになります。
普段の生活で右の遠くから聴こえてくる感覚を再現しています。

豆知識

音楽とは関係ないですが、エアコンの大きなモーターの音も、逆位相によって、打ち消して静音にしています。
このようにいろんなところで位相の特性は生かされています。
ま と め

ミックスしていて位相で音が埋まってしまっている状態を見つけるのはむずしいですが、慣れてくると聴いた感じで「これは位相で音が埋もれてる!」とわかってきます。

DTMerにとってむずかしく大きな壁のひとつの「位相」ですが、これはプラグインに頼らず自分の耳で判断できるように慣れればとても有利です。

今回は「位相」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム