T-RackS 5『TR5 Bus Compressor』すごく使い勝手の良いバス・コンプレッサー! 使ってみた・使い方レビュー

DTM TR5 Bus Compressor 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はコンプレッサーIK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Bus Compressorの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 Bus Compressor使い方レビュー

まずはひとこと。

親切な安定のバスコンプレッサー!

『TR5 Bus Compressor』の特徴

  • SSL 4000 Gコンソールのマスターバスコンプを忠実に再現。
  • バスコンプに適したVCAタイプのコンプレッサー。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Bus Compressor』という3つのプラグインです。

バスコンプレッサーの大定番「SSL 4000 Gコンソール」モデリング・プラグインになっています。
こちらのバス・コンプレッサー、いろんなメーカーからモデリングがたくさん出ています。

wavesモデリングパンチがあり、粒も揃ってオススメです。

バス・コンプレッサーとは、バストラックマスタートラックの使用に適していて、2mixパンチを加えたり、全体をまとめるグルー・コンプの役割を果たしてくれます。
コンプバスコンプとしての使い方を知ってから、SSL 4000 Gコンソールモデリングプラグインを使うと感動します。

今回のTR5 Bus Compressorは、他のメーカーのものと比べて派手さは抑えられているような気がしますが、バス・コンプレッサーに付いていたら嬉しい、ハイパス・フィルターサチュレーション効果の設定ができます。

これらの機能はとても便利で、なおかつとても音をまとめやすいので『TR5 Bus CompressorT-RackSの中でもお気に入りのひとつです。

2mixコンプをかけてしまうと、どうしても低音キックベースに引っ張られてリダクションしてしまい、音痩せするという現象が起きてしまいますが、ハイパス・フィルターがあるとそれを回避する設定ができてとても便利です。

付いていないものは、フィルターの代わりになるプラグインを挟んでコンプの調整をしなくてはいけません。
手間がかかりますが、付いてないものはそうやって使っていました。

その点『TR5 Bus Compressor』ハイパス・フィルターが付いているので、ものすごく重宝します。

「TR5 Bus Compressor」の使い方

使い方は普通のコンプのパラメーター通りですが、バス・コンプレッサーは基本的に軽くかけて、アタックはゆっくり、リリースは速くという設定がオススメです。
そうすると、まとまりが出てくるので、全体のパンチ感を確認しながらアタックを調整すると良いと思います。
バス・コンプはかけすぎて注意です。

TR5 Bus Compressor使い方レビュー

  • RATIO」・・・圧縮率を設定します。
  • ATTACK」・・・コンプがかかりはじめる時間を設定します。アタックが遅いと音のアタック飛び出て強調されます。
  • RELEASE」・・・コンプのかかりが元の音に戻る時間を設定します。リリースの長さもアタックに関わってくるので適切な調整が必要です。
  • SC HI PASS」・・・サイドチェインのハイパス・フィルターです。低域のコンプのかからない周波数を設定できるので、ここの調整でイメージに合ったコンプの調整ができます。
  • THRESHOLD」・・・コンプがかかり始めるしきい値を設定します。VUメーターを確認しながら確認すると良いです。
  • MAKEUP」・・・圧縮した分音量を調整して出力を合わせます。
  • GRIT」・・・倍音を加えてくれます。この機能がバス・コンプレッサーには絶妙に良くて、心地よいまとまり感が実現できます。
  • COMPRESSION」・・・バイパスの切り替えボタンです。

ココが好き!

SC HI PASSがありがたい!

GRITが良い!

気になった点…

とても扱いやすいので、特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • 2mixがうまくまとまらないと思っている人
  • 自分でマスタリングまでする人
  • SSLシリーズが好きな人
  • T-RackS 5が好きな人
『TR5 Bus Compressor』のまとめ

まとめとしては「気の利いたバス・コンプレッサー・プラグイン」といったところでしょうか?

バス・コンプはミックスでは必須のツールですが、このコンプはバスコンプにはありがたい機能もあってとても扱いやすいと思うので、ぜひ試してみてください!

特にSSLバスコンプレッサーは大定番なので、扱い方を把握しておけばDTMで必ず役に立つと思います。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中からTR5 Bus Compressorを簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム