waves『CLA Guitar』これひとつでギターの音をライン録りから音が作れる! 使ってみた・使い方レビュー

DTM CLA Guitar使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はギター調整プラグインwavesの『CLA Guitarの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

CLA Guitar使い方レビュー

まずはひとこと。

ラインの音を最短で使える音に!

特 徴

  • グラミー受賞エンジニア、クリス・ロード・アルジが監修したギター専用のプラグイン。
  • ギターのアンプの音から空気感までシンプルな操作で音作りができる。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesギター調整プラグインCLA Guitarという、ギターの調整に特化したプラグインです。

wavesではおなじみのクリス・ロード・アルジさん監修のプラグインです。

エアロ・スミス、U2、フー・ファイターズ、ミューズなどを手がけるエンジニアで、CLAシリーズハードロックに合うようなパンチのあるバキバキした重厚なサウンドに近づけることができます。
ポップスにもこういったサウンドはかなりいい仕事をします。

ギター音作りは、しっかり作ろうと思ったら結構大変です。
EQの処理、それぞれ用途にあったコンプのかけ方、アンプの設定、必要とあればサチュレーションエンハンサー、そしてリバーブのような空間系などなど、しっかり楽曲の中で使える音作りをしようと思うといろいろやることがあります。

今回の『CLA Guitar』はそういった音作りをひとつのプラグインシンプルに、そして簡易的に作れるといったものです。

やはり主軸となるギターの音色を作ろうとなると、ギターアンプ専用のシミュレーターを使って音作りをした方が良いものを作れるし、楽しいです。

ギターが主体でない楽曲や、ちょっとギターフレーズを入れたい時などとても重宝します。

あとはLRギターを振ってダブリングギターを作る時のバスコンプとしても、音が安定してキレイにまとまって、プラスアルファエフェクト調整もできるのでとても便利です。

個人的には「REVERB」「DELAY」「PITCH」は切って使用することが多いですが、こちらもギターの音作りに適した設定ができます。

プリセットもいろんなタイプが用意されているので、そこでイメージに似た音色を探すのも良いです。

CLA Guitarの使い方

ギターに必要な最低限のパラメーターで音作りをすることができます。

まずは左上の「Re-Amplify」でアンプシミュレーターのスイッチを入れることができます。
ライン録りしたギターの音も、このスイッチを入れるとアンプを通した効果を得ることができます。

その右にあるツマミで「CLEAN」「CRUNCH」「HEAVY」「BYPASS」の中からタイプを選ぶことができ、イメージした音に近づけることができます。
そしてメインの6つのフェーダーで、ギターに適した調整でさらにイメージに近づけることができます。

  • BASS」・・・「SUB」「LOWER」「UPPER」からギターの存在感を狙って低域を調整できます。
  • TREBLE」・・・「BITE」「TOP」「ROOF」からアタック感、空気感を調整できます。
  • COMPRESS」・・・「PUSH」で音を押し上げるようなコンプ、「SPANK」でアタックの強いコンプ、「WALL」でブリックウォール・リミッターのようなコンプの調整ができます。
  • REVERB」・・・「CLUB」「HALL」「ARENA」からタイプを選択できます。
  • DELAY」・・・「EIGHT」「EDGE」「QUARTER」からタイプを選択できます。
  • PITCH」・・・80年代のようなコーラス効果も加えることができます。

ココが好き!

気軽に本格的なギターの音が作れる!

作ったギターの音に使ってもブラッシュアップできる!

気になった点…

クリーン系は、ほかのアンプシミュレーターで作った方が良いかも…。

こんな方にオススメ!

  • ギターの音作りが苦手な人
  • クリス・ロード・アルジが好きな人
ま と め

まとめとしては「ギターを最短で使える音にしてくれるプラグイン」といったところでしょうか?

ギターの音作りは楽曲の中でしっかりした使える音にするのは、楽しいですが手間はかかるし知識も必要です。
そんな設定もしっかり考えられていて、とてもよくできたプラグインだと思います。

個人的には「ここに別人格のギターのフレーズを入れたい」と思った時にササッとこのプラグインで作ることが多いです。
あとはギターが薄っすら全体的を埋めているような楽曲の時に、ギター・バストラックにこのプラグインを挿してまとめると安定してキレイにまとめてくれるので、そういった使い方をします。

微調整にも便利なプラグインです!

今回は、「CLA Guitar」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム