DTM音楽用語154「パンニング」とは?

こんにちは。マサツムです。

現代の音楽でパンニングがない音楽はほとんどありません。
さまざまな楽器が右左2つのスピーカーから鳴っています。

今回は「パンニング」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

パンニング」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

パンニングとは?

パンニング(Panning)とは、ステレオ音源の中で配置、または変化させることをいいます。

一般的にはPAN(パン)と略され、日本語では「定位」といいます。

左右スピーカー音量反比例変化させることによって、から聞こえたり、から聞こえたり、真ん中から聞こえたりと、変えることができます。

楽曲の中で各楽器左右いっぱいに並べることによって、に広がりを与えることができます。
そしてたくさんの楽器一つ一つが聴こえやすくなります。

パンニングステレオ音源によってできることで、モノラル音源にはパンニングはありません。

DAWでのPAN設定

ミキサーにはを調整するフェーダーつまみがたくさんあります。

「音量を調整するフェーダー」
「入力信号を調整するゲインのつまみ」

「音質を調整するEQのつまみ」
「センドでかけるエフェクトのつまみ」

「PANを調整するつまみ」

などが付いています。

LRに振れ調整できるこのつまみを「パンポット」といいます。
12時センターに、Rをいっぱいに5時あたりまで、Lをいっぱいに7時あたりまで回すことができます。
「PANを3時あたりに」「PANを10時あたりに」のように時間で伝えあったりします。

パンポットでパンニング

ミックスには必須のパンニング

ミックスする際は各楽器がかぶらないようにうまくバランスを取り、パンニングフルに使います。

特にとかぶる帯域楽器左右に振って、センター空間を作らないといけません。

ドラム一つの楽器においても各パーツドラムセットの配置が伝わるようなパンニングが必要です。

ほかにもギター位相を使って思いっきり左右に振って広がりをつけたり、ミックスで良いバランスを作るには、PANを駆使しなくてはなりません。

パンニングのプラグイン

DAWミキサーエディットにもパンポットはもちろんあります。

それなのにわざわざパンニングプラグインなんて必要ないんじゃないかと思う人はたくさんいると思いますが、プラグインでのパンニングはとてもおすすめします。

パンニング用のプラグインでは単純に左右に振るのではなく、ステレオイメージ(音像)を使って広がりのある、厚みのあるパンニングが可能になります。
高い周波数だけ右にしたり、位相を使ってR100以上のところから聴こえるような設定もできます。
ほかにもオートパンニングを動かせたり、パンニングによるクリッピングを防ぐ機能だったり、ここまではミキサーパンニングではできません。

PanMan(SoundToys)

空間系のエフェクトなど、とても面白く使いやすいプラグインが揃っている「SoundToys」のプラグイン。
いろんな機能が付いていて、パンニングプラグインが欲しかったら間違いないです。

SoundToysPanManパンニング

Pan Konb(Boz Digital Labs)

シンプルで扱いやすく、コスパ最高。
とりあえずパンニングプラグインが欲しかったら損はないです。

パンニングプラグイン

Cyclic Panner(A.O.M.)

とても高品質なプラグインを作る「A.O.M.」のパンニング用プラグイン。
こちらもシンプルでわかりやすいです。

Cyclic Pannerパンニング

MondoMod(waves)

上記のようなパンニング専用といった感じのプラグインではないですが、LFOの特性を使って周波数や音量、パンニングを変化させることのできるプラグインです。

MondoMod waves

ま と め

ミキサーを初めて触る人は、まずフェーダーを触って音量の変化させて、そしてパンポットで音を左右に動かして、みんな少し感動します。
音が「右から聴こえる」「左から聴こえる」ということは、誰にでもわかりやすい音の変化です。

それだけにミックスでは、PANを有効的に使っていきたいです。

今回は「パンニング」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム