DTM音楽用語143「ミキサー」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMといえばレコーディング。
レコーディングといえば機材。
そのレコーディング機材の中心となっているのはミキサー。

ということで今回は「ミキサー」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ミキサー」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ミキサーとは?

ミキサー(Mixer)とは、各楽器を集めて、ひとつにまとめコントロールする機材のことをいいます。

レコーディングスタジオで一番存在感をかもし出している、エンジニアスピーカーの間にある大きい機材です。
価格でいうと数千万円するものもたくさんあります。

ライブの現場でも中心になるところで、専門のエンジニアコントロールします。
楽曲を生み出すになるのところで、操作にはかなりの知識技術が必要です。

レコーディングスタジオホール会場などに使われる大きなミキサーは「」と呼ばれることの方が多いです。
コンソールとも呼ばれます。

最近ではチャンネルの少ないコンパクトなものも普及していて、オーディオインターフェイス機能付きのものもあり、宅録DTMでも活用されます。
DAWの中にミキサーエディット画面はありますが、実際にミキサー機材で触って確認するとわかりやすいです。

大きく分けるとアナログミキサーデジタルミキサーのタイプに分かれ、その中でもパワーアンプ内蔵パワードミキサーなど、使用用途によって選ぶ必要があります。

「アナログミキサー」と「デジタルミキサー」

DAWにもミキサーエディットがあるので、DTMをやっている人ならミキサーの認識はあると思います。

DAWミキサー

そして実機ミキサーには、コンプEQなどエフェクターと同じように「アナログと「デジタルに分かれます。

それぞれ、メリット・デメリットはあります。

アナログミキサー

音の流れを直感的に把握でき、シンプルに調整できるミキサー。

メリット

  • シンプルでわかりやすく扱いやすい。
  • 音本来の素材のままコントロールできる。
  • 価格が安い。

デメリット

  • 接続が長くなっていくと音が多少劣化してしまう。
  • 設定の保存機能がない。
  • エフェクトなど便利な機能は内蔵されていない。

デジタルミキサー

音信号をデジタルに変えて、細かい処理までできるミキサー。

メリット

  • ミキサー自体がコンパクト。
  • 内蔵エフェクトなどが多機能。
  • 設定の保存もできる。

デメリット

  • 操作を覚えるのが大変。
  • デジタル化による音の変化。
  • 価格が高い。

「パワードミキサー」

ミキサーパワーアンプを通し、スピーカーからを出力します。
この標準のミキサーを「ラインミキサー」といいます。

なかには、パワーアンプが搭載され一体化しているミキサーもあります。
このミキサーを「パワードミキサー」といいます。

小・中規模な会場であれば、アンプ無しでもパワードミキサーが一台で、スピーカーから出力することができます。
デスクトップタイプのものとボックスタイプのものがあります。

パワードミキサーライブの場面では需要がありますが、DTMでのレコーディング作業はラインミキサーを使います。

オーディオインターフェイス機能付きミキサー「YAMAHA AG03/AG06」

DTMの普及とYouTubeなどの音声入力のため、チャンネルの少ないオーディオインターフェイス機能付きのミキサーがとても人気があります。

中でもYAMAHAAG03AG06は使用している人も多く、とても人気があります。
下の画像は「AG06」です。

YAMAHA/AG06の使い方
AG06

ミキサーというよりオーディオインターフェイス色の方が強いですが、価格帯の中では音質も良く、コスパ最強と取り上げられることが多いです。

つまみ、操作シンプルでわかりやすく、インプットジャックにはイラストが書いてあって、とても親切です。

もちろんファンタム電源も付いているので、コンデンサーマイクも使用できます。

EQ・コンプなどのエフェクトも内蔵されていて、「マーシャル」系のアンプシュミレーター内蔵されています。

コンパクト宅録DTM初心者にも最適でオススメです。

ま と め

音響専門学校での授業は、ミキサーを実際に触る実習授業がたくさんありました。
DTMをやる上でもミキサーの基本操作は習得必須だと思います。

EQやコンプの機材はいろいろ音作りの個性があって、たくさん欲しくなってしまいますが、それらをとりまとめるミキサーはやはり機材リーダーです。

今回は「ミキサー」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム