T-RackS 5『TR5 One』初心者宅録DTMerは、一度マスタリングをこのプラグインで味わってほしい!

DTM TR5 One_使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマスタリング・プロセッサーIK Multimediaの『TR5 Oneの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 One_使い方レビュー

まずはひとこと。

単なる時短プラグインではない!

特 徴

  • マスタリングに利用するエフェクトが一つになったプラグイン。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 One』というプラグインです。

マスタリングで処理をする「EQ」「コンプ」「マキシマイザー」「トランジェント・シェイパー」「ステレオイメージャー」「サチュレーター」の機能が一つになっています。

一つ一つがとてもナチュラルに調整できて絶妙な効果で、これ一つあれば2mixがかなりレベルアップします。

僕も時間がない時はこのプラグインを使って最終調整しますが、結局これが作りやすいと思ってしまうくらいです。

マスタリングの処理が何をして良いのかわからない人も、このプラグインで、こんな調整をすると良いのかと勉強になると思います。

時間短縮にもなるし、本当によくできたプラグインだと思います。

スペクトラム・アナライザなどと一緒に調整すると、鬼に金棒になります。

「TR5 One」の使い方

使い方はパラメーターがわかれば非常にわかりやすいです。

TR5 One_使い方レビュー

「AIR」・・・高域の調整です。空気感のコントロールができます。

「FOCUS」・・・中高域の調整です。ボーカルやギターの美味しい音抜けをコントロールができます。

「BODY」・・・低域の調整です。マスタリングは低域の調整がむずかしいです。

「PUSH」・・・コンプレッサーです。まとまりがよくコンプがかかってくれます。

「WIDTH」・・・ステレオイメージャーです。広がりすぎた2mixをマイナス方向にも調整できます。

「VOLUME」・・・マキシマイザーのような音の上がり方をします。

「TRANSIENTS」・・・トランジェント・シェイパーです。リズムにパンチを与えることができます。

「ANALOG」・・・サチュレーション効果を加えることができます。

「BASS PUNCH」・・・低音にパンチを与えることができます。引き締まりながら音圧が上がっていくので、2mixの低音処理にはとても効果的に調整することができます。


アタックの調整をしながら、少し低域を抑えたり、ステレオの調整をしながら高域を足してみたりなど、それぞれの効果を一度に調整できるのはとても便利です。

ココが好き!

ひとつひとつのパラメーターのクオリティが高い!

マスタリングに時間をかけなくて済む!

気になった点…

「PUSH」のハイパスフィルターが付いていたら嬉しいかも…。

こんな方にオススメ!

  • マスタリングまでする
  • マスタリングの処理がわからない人
  • マスタリングに時間をかけれない人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「マスタリング・スタジオの機材が詰まったプラグイン」といったところでしょうか?

マスタリング・エンジニアさんに「もうちょっとローを上げてください。」や「パンチを与えることできますか?」など、指示をして調整をしているような感覚を思い出します。

実際は自分で操作することになりますが。。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 One」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム