DTM音楽用語061「ヘッドルーム」とは?

こんにちは。マサツムです。

ヘッドルームとはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、DTMを続けているとなかなか重要な言葉だと気付きます。

今回は「ヘッドルーム」を誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ヘッドルーム」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ヘッドルームとは?

ヘッドルーム(Headroom)とは、記録された音量から音割れしてしまうピークまでの間のことをいいます。

イメージしやすく説明すると、頭から天井の間です。
天井の低いところでトランポリンをしたら、頭ばかり気になって良いジャンプができません。

言葉で説明すると簡単に簡潔してしまいますが、DTMではとても大切なことです。
デジタル音でのクリップは絶対に避けなければならなりません。
とはいえあまりにも小さな音量で録音すると、本来の音の良さが録れなくて、S/N比も悪くなりノイズの問題も出てきます。

音が程よい呼吸ができる空間を作っておきたいです

音作りからヘッドルームを意識

ヘッドルームは特に楽器録音するときに意識することが重要で、ピークにいかない良いところで録音レベルを決めなければいけません。
編集時には何トラックも同時に扱うことになるので、録音レベルバラバラだと何かと負担が増えてしまいます。

ヘッドルームは目で見るとわかりやすいので図1をご覧ください。

 

ヘッドルームとは
図1

最終的な2mixマスターはできるだけ音圧を稼いで、音量を大きく聴かせるように持って行きますが、各トラック音作りの段階でヘッドルームを意識することが大切です。

あまりヘッドルームが少ない状態でトラックを重ねていくと、音圧渋滞が発生してしまいます。
余裕がないとミックス時に少し調整していると気づかないうちにピークが付いていたり、プラグインピークを付けてしまったり、あまりいいことがありません。

 

ステレオトラックデータをモノラルデータに変換する時、ヘッドルームが少なくギリギリのピークだった場合音割れが発生してしまうので注意してください。

S/N比とは?

S/N比とは、信号「Signal(シグナル)」雑音 「noiseノイズ)」 の比率のことです。
ソフト音源を使う場合はそこまで気にしなくて良いですが、マイク録音をする時はこの「S/N比」が重要になってきます。
そのためヘッドルームを確保しながらのベスト音量設定をするには、経験が必要です。
レコーディングスタジオでの録音とは比較になりませんが、カセットMTRでの録音する時、ピンポン録音をしなければならないので、各トラックノイズを最小限にするのが必須でした。
ま と め

僕もDTMをはじめたての頃は、各トラック音作りが楽しくて、気付いたら全トラックピークが付いているような状態でした。
ミックス立体感が作れないのは、ヘッドルームが少し影響していると思います。

最終の2mixは、ゆとりある活き活きした各トラックで仕上げていくのが良いです。

今回は「ヘッドルーム」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム