DTM音楽用語014「カセットMTR」とは?

こんにちは。マサツムです。

カセットMTR」とは、宅録原点です。
カセットMTRの普及によって自宅レコーディングを可能にさせ、世に宅録というワードを流行らせました。

カセットMTRを知れば現代のDTMの深いところを知れると思うので、誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

カセットMTR」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

カセットMTRとは?

MTRMulti Track Recorder)とは、を重ねて録音ができる(多重録音)機器のことをいいます。
カセットテープを使って多重録音する「カセットMTR」、MD(Mini Disc)を使って多重録音するMD MTR」、ハードディスクを使って多重録音するデジタル MTRなどがあります。

ひと昔前は家庭で音楽を聴くのはレコードカセットテープでした。
レコードカセットテープ録音してカセットデッキ音楽を聴くというスタイルで、CDが普及してもCDカセットテープ録音してカセットデッキ音楽を楽しんでいました。
その当時、どこの家庭にもあるカセットテープを使って多重録音ができる機器、それが「カセットMTR」です!

カセットテープの性質

カセットテープカセットデッキに入れて再生して音楽を聴く、そういう用途でたくさんの人に使われていました。

カセットテープにはA面B面があり、A面を聴き終わったらカセットをひっくり返してデッキに入れることによってB面が聴けるというしくみになっています。

音はLR(左右)に分けて聴くことができ、A面にもLRB面にもLR、というようにあの黒いテープ4つの層(そう)に分かれています。

 

カセットテープの秘密
図1

 

 

図1のようにテープ4つの層に分かれています。
これを利用して4トラックレイヤー分けができるレコーディングが、カセットテープでできるということです。

ピンポン録音

カセットMTRでとても重要になる作業にピンポン録音という録音があります。

4つレイヤーに分けて録音できるという説明をしましたが、4つではドラム、ベース、ギター、キーボード、これだけで4つトラックを使ってしまいます。
そこでドラム、ベース、ギター、録音したら空いているひとつのトラックドラム、ベース、ギター、をまとめて録音。
そして単体録音したドラム、ベース、ギター、を上書きしながらキーボード、ボーカル録音していくという、かなり男気のある録音方法無限楽器を重ねるという技法です。

ピンポン録音4トラックカセットMTRを完成させるためには、なくてはならない録音方法です。

 

ピンポン録音とは
図2

 

 

図2のようにピンポン録音することによって無限楽器録音をすることができます

 

ま と め

カセットMTR歌もの楽曲を作ろうとするとピンポン録音が必須ですが、現在のDTMと違って後戻りができません
これは不便なように思えますが、音楽生き物なのでそこにしかないその時の音楽ピンポン録音で閉じ込めて記録するということは、これが本来のアートだと思ってしまいます
あの、後戻りできないドキドキ感は、陶芸に通じるものがあると思います

DTMになってレコーディング楽しさが減ってきているのではないかと思います。
とはいえDTMは便利なのでやめられません‥。

今回は「カセットMTR」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム