T-RackS『Space Delay』名機のアナログ・テープ・エコーを完全モデリング。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。

今回はアナログ・テープ・エコーIK MultimediaT-RackSSpace Delay』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Space Delay 使い方レビュー

まずはひとこと。

アナログ・テープ・エコーといえば、を完璧に作ってくれた!

特 徴

  • テープ・エコーの名機「Roland® RE-201 Space Echo™」を忠実に再現
  • DTMに良心的な実機以外の機能を追加。
  • 人気のIK Multimedia「T-RackS」シリーズ。

「Space Delay」を使ってみた感想

今回紹介するのはIK Multimediaの『Space Delayという、テープ・エコープラグインです。

テープ・エコーとは、ディレイの中でも昔ならではの特殊な方法で残響音を作り、独特な音質のディレイ音を作ることができます。

そのテープ・エコー大御所名機、1974年に発売されたRoland® 「RE-201 Space Echo™」を忠実に再現したモデリング・プラグインになっています。
この実機で、ピンク・フロイドから、ソニック・ユース、レディオヘッドまで、たくさんの有名なアーティスト名盤を作ってきました。

僕自身、テープ・エコープラグインはたくさん持っていますが、この忠実なGUIにやられて購入してしまいました。
ビンテージサウンドが好きなので、テープ・エコーの質感も大好きです。
特にギターにかけると、なんだか音に生命が宿る感じになります。

そして、Space Delay』を使った感触は、もう言うことないです!
僕の知ってる限りですが、他のメーカーのものと比べても群を抜いて心地よいサウンドです。
実機のような、わずかにかすれたような絶妙な空気感がとても良い再現になっているのだと思います。

使用感は、テープ・エコーの仕組みが分かっていないと少し混乱するかもしれませんが、分かっていればとても扱いやすいパラメーターです。

テープエコーが詳しくわかる記事はこちら!

DTM音楽用語123「テープエコー」とは?

「Space Delay」を使い方

使い方を把握するには、どのようにしてディレイ音が出るのかこの機材の仕組みをまずは知ることです。
シンプルに分かりやすく説明すると、磁気テープを読み取るヘッドが3つ付いていて、それを再生してディレイ音を鳴らします。
中にはスプリング・リバーブも付いています。
この仕組みをわかっていないと「 MODE」の設定が分からないと思います。

Space Delay 使い方レビュー

MODE」には「REVERB ONLY」を含めて12個の組み合わせの設定ができます。

  1. ヘッド「1」のみ使用。リバーブなし。
  2. ヘッド「2」のみ使用。リバーブなし。
  3. ヘッド「3」のみ使用。リバーブなし。
  4. ヘッド「2」「3」を使用。リバーブなし。
  5. ヘッド「1」のみ使用。リバーブあり。
  6. ヘッド「2」のみ使用。リバーブあり。
  7. ヘッド「3」のみ使用。リバーブあり。
  8. ヘッド「1」「2」を使用。リバーブあり。
  9. ヘッド「2」「3」を使用。リバーブあり。
  10. ヘッド「1」「3」を使用。リバーブあり。
  11. ヘッド全部を使用。リバーブあり。
  12. リバーブのみ使用。

」ではスプリング・リバーブEQボリュームLRパン振りを細かく設定できます。

」ではディレイ音タイム(RATE)や、減衰(FEEDBACK)ボリュームLRパン振りを細かく設定できます。

下に囲んである「」では、DTMならではのありがたいパラメーターが並んでいます。
これによって音作りがとてもやりやすくなります。

FILTERS・・・入力信号をハイパス/ローパスフィルターをかけることができます。
これがあると、作りたいディレイ音のイメージに近づけやすいです。

DUCKING・・・ディレイ音実音のジャマをしないように調整できます。
ディレイによくある機能ですが、この機能が簡単にできてありがたいです。

NOISE・・・磁気テープ特有のヒスノイズを加えることができます。

TAPE AGE・・・テープ・エコーテープ交換をしないとどんどん音が劣化してしまいます。
それをツマミひとつで調整できます。

SYNC・・・楽曲BPMに合わせてくれます。

HEADS TIME・・・ヘッドそれぞれのディレイ音タイムが表示されます。
上の「RATE」の設定で変わってきます。

HEADS PAN・・・どのヘッドを使用しているかが赤いランプで確認できます。
それぞれのディレイ音LRパン振りができます。

ココが好き!

音質が良い!

追加機能で納得のいく音作りができる!

GUIがドキドキする!

気になった点…

気持ちよくて言うことありません…。

こんな方にオススメ!

  • テープ・エコーを知りたい人
  • ギター遊びの効果音を増やしたい人
  • ビンテージ・サウンドが好きな人
  • IK Multimediaが好きな人

T-RackS『Space Delay』説明動画

Roland® 『RE-201 Space Echo™』説明動画

ま と め

まとめとしては「古き良きテープ・サウンドをじっくり味わえるアイテム」といったところでしょうか?

現代になってもトップアーティストを始め、多くのアーティストに使用されるのは、みんなこのコロコロした暖かいサウンドが好きなんだと思います!
音を作って遊んでるだけでも楽しくなってきます。

今回は、「Space Delay」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム