『EMI TG12345』エッジの効いたカッコイイ音に変えてくれるチャンネル・ストリップ! 使ってみた・使い方レビュー

DTM EMI_TG12345使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はチャンネル・ストリップwavesの『EMI TG12345の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

EMI_TG12345使い方レビュー

まずはひとこと。

これぞビートルズサウンド!

特 徴

  • 60後期〜70年代アビーロードスタジオで名盤を作ってきたコンソールをモデリング。
  • コンプとEQがひとつになったチャンネルストリップ。
  • wavesの「Abbey Road Collection」の中に入っているプラグインのひとつ。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesAbbey Road Collectionの中に入っているEMI TG12345という伝説名機コンソールを再現したプラグインです。

アビーロードスタジオに常設され、「ビートルズ」「ピンクフロイド」など数々の音楽を作ってきたレコーディング機材の中心となるコンソールを再現しています。
ビートルズアルバム「Abbey Road」も、このコンソールで録音されました。

古き良きブリティッシュ・サウンド、これぞビートルズという音を再現するのには最高のプラグインです。

コンプEQも結構パンチの効いたサウンドに変わります。
ドライブを上げれば、歪み方も大きく変化します。

ドラムバスに使うとアンビエンスを表現できて、パンチの効いた音になりますが、少しクセがあるので調整はむずしいかもしれません。
単体のキック、スネアなどにはとても鋭く効果のある表現に変わってくれます。

EQは自由度が低く、細かく設定はできないので、大まかな音作りに仕様すると良いと思います。
クラシカルロックサウンドには、とても重宝するツールです。

使い方

EMI_TG12345使い方レビュー

INPUT」・・・入力信号の調整をします。

DYNAMICS」・・・「MODE」で「OUT/COMP/LIMITER」を選択して、音を圧縮することができます。
アタックタイムは1msの固定で「HOLD」でリダクションする時間を設定します。
「RECOVERY」でリダクションから戻る時間を「100ms/250ms/500ms/1sec/2sec/5sec」の6段階から設定できます。
「MIX」でコンプの原音とのバランスを設定します。
「SC-HP」でサイドチェイン・ハイパスフィルターを90Hz固定で利用できます。

ROUTING」・・・音の流れ、ルーティングを決めることができます。
このセッティングで音の捉え方がすごく変わります。
「EQ」(BASS + TREBLE)と「DYN」(DYNAMICS)と「PRES」(PRESENCE)の3つを入れ替えることができます。
PRESENCEをEQと分けることができて、どこで中高域を調整するかがポイントになります。

EQ」・・・操作にクセがあり自由度が低いですが、イコライジングの調整ができます。
「TREBLE」ブーストはベルタイプで5kHz固定。カットはシェルピングで10kHz固定。
「PRESENCE」500Hzから10kHZを8段階で設定でき、ベルタイプでブースト・カットを調整。
「BASS」 ブースト・カットをシェルピングで50Hz固定。
EQは「BYPASS」のON/OFFも付いています。

Master Section」・・・「CASSETTE」で「ST」「DUO」「MS」を切り替えられます。
「METER」はVUメータを、GR(ゲインリダクション)、IN(インプット)、OUT(アウトプット)に切り替えができます。
「SPREAD」でステレオの広がり効果を調整することができます。
「NOISE」実機同様のハムノイズを調整します。
MONITOR」でモニター出力の方法を設定できます。
「CH SELECT」でチャンネル・コンフィギュレーションを切り替えます。左右の微妙なズレも実機を再現しています。
DRIVE」で歪みの量を調整します。結構ハイ寄りな歪み方をします。
「OUTPUT」で出力レベルを調整します。

ココが好き!

古き良きクラシカルな音になる!

アンビエント感が気持ちいい!

GUIがかっこいい!

気になった点…

クセが強く使い所が偏(かたよ)る…。

EQでの細かい調整がむずかしい…。

こんな方にオススメ!

  • クラシカルなロックサウンド、バンドサウンドが好きな人
  • アビーロードスタジオが好きな人
ま と め

まとめとしては「クラシカルなブリティッシュサウンドを味わえるプラグイン」といったところでしょうか?

昔のブリティッシュ音楽が好きな僕には、当時のレコーディングごっこをしているような感覚になり、アビーロードスタジオの機材を使って制作するのはワクワクします。

今回は、「EMI TG12345」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム