『decoda』キー、コード、bpm、3つを一瞬で耳コピ!使ってみたレビュー

DTM ZPLANE「decoda」レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はプラグインではないですが ZPLANE「decoda」の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

ZPLANE「decoda」レビュー

 

まずはひとこと。

 ズバリ、耳コピ最強ツール!!

特 徴

  • キー(調)、コード(和音)、bpm(テンポ)を自動検知
  • MIDI情報を製作してエクスポートできる
  • 狙った音だけを視聴可能

 

使ってみた感想

decoda」はDAWの中でプラグインとして使うソフトではないのですが、DTMをしていてとてもよく使うので今回レビューさせていただきます。

何ができるソフトかというと、を取り込んでを分析してくれるソフトです。
ズバリ、耳コピ援助ツールです!

親切なチュートリアル

decodaを立ち上げると、とても親切なチュートリアル画面が出てきます。

ZPLANE「decoda」レビュー

たくさんのチュートリアル再生動画が用意されていて、クリックすればYouTubeに飛んで動画が見れます。
よくある英語の製品チュートリアル動画なので雰囲気で確認です。

下にある「First steps」クリックすれば、誘導されながら使い方を覚えることができます!

ZPLANE「decoda」レビュー

ゲームでよくある最初の説明のような感覚で覚えることができます。

素晴らしい分析力

decodaは、楽曲データを取り込めば、数秒分析してくれます。

分析して教えてくれる項目は以下になります。

  1. キー(調)
  2. コード(和音)
  3. bpm(テンポ)
  4. 曲の構成
  5. ピアノロール

こんなにたくさんの項目を、一瞬で分析してくれます。

分析が終わると<図1>のようなエディット画面になります。

ZPLANE「decoda」レビュー
図1

① キー(調)

左下の隅っこにC♯MINと書いてあるのが、この曲のキー(調)です。
精度が少し不安定ですが、むずかしいコード進行では自動検知は仕方のない範囲だと思います。
目安にはなります。

 

② コード(和音)

真ん中の大きな波形の上にある「A」「G♯」「C♯m」と書いてあるのが、コード(和音)です。
こちらも少し精度に欠けますが、濁(にご)った音でも感心してしまうほどコードを読み取ってくれます。
耳コピが苦手な方にはとても便利です。

 

③ bpm(テンポ)

右下の隅っこに124BPMと書いてあるのが、この曲のbpm(テンポ)です。
小数点のテンポは四捨五入されますが、かなり結構正確に取ってくれます。
手動で正確にテンポ出ししようと思ったら、少し時間がかかってしまいますが、decodaなら一瞬です。

 

④ 曲の構成

一番上にある「PartA」「PartB」「PartC」と書いてあるのが曲の構成です。
こちらも少し精度に欠けますが、これは人間が聴いて判断すれば良いと思うので、目安としては嬉しい機能です。

 

⑤ ピアノロール

右の少し上にあるちっちゃい波形のアイコンの下にある、鍵盤のアイコンをクリックすると、ピアノロールの画面に変わります。

ZPLANE「decoda」レビュー

そして、右の鍵盤アンコンの下のペンツールをクリックすると、ピアノロールをなぞりながらMIDIノートが作れます。
MIDIノートは書き出して、DAWで読み込むことができます。

 

ZPLANE「decoda」レビュー

カラオケを作るときにdecoda」は仕事を一気に進めてくれます。
コードキーはすぐに「耳コピ」できても、テンポ分析するのに時間がかかります。
テンポ検知ソフトはほかにもありますが、ついでにコードキーがわかるのでdecodaで読み込めばメリットがたくさんあります。

ソフト立ち上げや音データの読み込みも一瞬でノンストレスです

 

分析後にいろいろできる機能

decodaは検知した後、さらに細かく耳コピを追求できます。

下の三角の再生ボタン「▶︎」の右にある「◼︎」をクリックすると、右側に大きくエディット画面が現れます。

この画面で2mix周波数 定位(PAN)で把握(はあく)できるとても便利な画面です。
精度もかなり良いです。

ZPLANE「decoda」レビュー

そしてこの画面で聴きたい周波数 定位を選択すれば、選択されただけ聴くことができます。
この機能でギターだけ狙って音が聴けたり、ベースだけ狙って聴けるので、さらに耳コピがやりやすくなります。
もちろん他のも少し拾ってしまいますが、十分耳コピに優しい機能です。

ZPLANE「decoda」レビュー

もう一度「◼︎」をクリックすると、今度は選択範囲以外のが確認できます。

ベースだけを下げて、自分でベース演奏して練習するみたいな使い方もできます。

ZPLANE「decoda」レビュー

 

右下のBPMの左にある「1/4」「1/2」「3/4」「1」を切り替えれば、スピード半分の速さ、1/4の速さなど、遅くして耳コピをしやすくできる機能です。
この機能を使えば早弾きなどのギターソロも、ゆっくりのスピードから練習するという使い方もできます。

ここが好き!

全ての機能が簡単にサクサクできる!

ソフトも軽く、動作もスムーズ!

作業工程よっては、かなり時間短縮できる!

気になった点…

DAWのなかで使いたい…。

ピアノロールをMIDIノートで検知して欲しい…。

こんな方にオススメ!

  • 耳コピがしたいのに苦手な人
  • 楽器初心者でゆっくり練習したい人
  • カラオケ制作の仕事が多い人

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?

decodaはこんなにいろんなことができて、価格リーズナブルです。
DTMerなら持っておいて損はないアイテムだと思います!

「気になった点」に「DAWのなかで使いたい…。」「ピアノロールをMIDIノートで検知して欲しい…。」と書きましたが、これはどんどん進化して無敵のソフトになってほしいという、希望の機能として書きました。

多分、decodaはこれからもパワーアップしていくんじゃないかと思っています。
DTMをやり続ける限りずっと使うソフトだと思っています。

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム