DTM音楽用語078「BPM」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMをやっている人は「bpm」とは毎回付き合うので意味は分かっている人ばかりだと思います。

今回は「BPM」の意味をちゃんと分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

BPM」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

BPMとは?

BPMBeat Per Minute)とは、の速さで4分音符1分間打つ回数のことをいいます。

音楽ではテンポと同じ意味ですが、感じる速さをテンポといったり「テンポ感速めで」とかテンポの使い方の定義がいろいろあります。
それに比べてBPM4分音符1分間にという決められたルールがある中での使い方なので、BPM=テンポとは言い切れません。
BPM感」という使い方はしません。

読み方はそのままで「ビーピーエム」といい、BPMは「速い」「遅い」という表し方ではなく、「高い」「低い」で表します。

曲作りのたびに設定しなければならないBPM

世の中にある曲のほとんどが1曲を通して一定のBPMで作られています。
まず最初にここを設定しないと編集がしっかりとできません。
楽器、歌の調整はBPMが合っていないと、あとでとても困ります。

稀(まれ)に0.50.25の単位に分けないと合わない楽曲もあります。

そして大変なのが、イントロ、Aメロ、サビなど、BPMがバラバラな曲があります。
こんなときも手間はかかりますが、各箇所でちゃんとBPMを合わせていないと編集が大変になります。

BPMを出すのが苦手な方は「decoda」という、bpm(テンポ)キー(調)コード(和音)、を自動検知してくれるソフトがあるのでおすすめです。

BPMの目安

1秒1拍の速さがBPM=60」ということになります。

売れる曲で良く使われるBPM=120」1秒2拍打っているということになります。

これは秒を数字で数えるとき

「1」「2」「3」「4」「5」「6」‥

というように数えると思いますが、自然と

「いー」「ち」、「にー」「い」、「さー」「ん」、「しー」「い」、「ごー」「お」、「ろー」「く」‥

と秒を数えながらもBPM=120」を感じていて、人の体に染み込んでいるのだと思います

BPMギネス記録

世界一BPMの高い曲は、1993年リリースされた モービー(Moby)の『サウザンド ( Thousand )』のBPM=1000 といろんなところに出てきます。
実際曲を聴いたら普通のテンポの四つ打ちから段々速くなって最後には雑音のようになっていくみたいな楽曲でした。

BPM=1000になっているかもよくわかりませんでしたが、これはやったもん勝ちみたいなところがあるので正式な記録か疑問なところです。

ちなみに、BPM=120」「BPM=1000」の違いをクリックで表してみました。

BPM=120


BPM=1000

ま と め

DTMが普及して人間で演奏できないようなBPM高いの曲がたくさん増えてきています。
テンポが速いと凄みや個性や技術がわかりやすく際立ちます。

これもひとつの音楽の歴史の通過点だと思います。

今回は「BPM」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム