T-RackS 5『TR5 Saturator X』10種類のサチュレーションを作れる便利なプラグイン! 使ってみた・使い方レビュー

DTM TR5 Saturator X 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はサチュレーターIK Multimediaの『TR5 Saturator Xの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 Saturator X 使い方レビュー

まずはひとこと。

サチュレーション狙いの音作りならコレ!

特 徴

  • 10種類のサチュレーションを選べるサチュレーター・プラグイン。
  • いろんなタイプのサチュレーションをシンプルな操作で再現できる。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Saturator X』というプラグインです。

サチュレーション効果をつけたくて、「プリアンプ」「EQ」「コンプ」「ディレイ」などで作っていきますが、このTR5 Saturator X』は、真空管、テープ、変圧器、アナログ録音機器のような、いろんなタイプサチュレーッションをこれ一台で作ることができます。

使い方もとても簡単で、タイプを選んで入力を上げてサチュレーション効果を高める、それだけです。

簡単には作れるのですが、やはりそれぞれタイプがなんの機材のサチュレーションなのかが分かると、より効果的に使用できて楽しく音作りができ、このプラグインのありがたさもわかると思います。

しかし、サチュレーションの種類をあまり知らない人でも、好みのサウンドを見つけて音作りができるので、初心者の方にもオススメできます!

音選びの他にも、クリッピングレベルを自動で監視してくれる「Brickwall」が付いているので、レベル上げすぎの不自然なデジタル・クリッピングを回避できます。

オーバーサンプリング機能によって、音質を損なうことなく倍音のパターンが変化する処理をすることも可能です。

「TR5 Saturator X」タイプの種類

タイプも10種類の中から選べます。

  1. Tape 1
    アナログ・テープ・サチュレーション。
  2. Tape 2
    Tape 1よりローファイなアナログ・テープ・サチュレーション。
  3. Master +6dB
    マスタリング向きの「太い」サウンドのサチュレーション。
  4. Master + 12dB
    Master +6dBより強いマスタリング向きの「太い」サチュレーション。
  5. Tube 1 – Push Pull
    パンチのある真空管サチュレーション。
  6. Tube 2 – Class A
    暖かみのあるパンチのある真空管サチュレーション。
  7. Solid State 1 – Push Pull
    Tube 1より分離の良いパンチのあるサチュレーション。
  8. Solid State 2 – Class A
    Tube 2分離のアグレッシブなサチュレーション。
  9. Transformer – Iron
    変圧器の微妙な効果が狙えるサチュレーション。
  10. Transformer – Steel
    Ironとはまた違った変圧器のサチュレーション。

ココが好き!

理想のサチュレーションが見つかる!

シンプルで扱いやすい!

気になった点…

少量のサチュレーションは、質感を作りきれない気がします…。

こんな方にオススメ!

  • ビンテージロックサウンドが好きな
  • いろんなサチュレーションを知っている人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「大げさにサチュレーションを付けるなら、このプラグインにおまかせ」といったところでしょうか?

サチュレーションの知識がない人でも、簡単にかっこいい歪み・アンビエントサウンドが作れます。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 Saturator X」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム