T-RackS 5『TR5 Quad Lim』マルチで調整できるリミッターの便利さ! 使ってみた・使い方レビュー

DTM TR5 Quad Lim 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマルチバンド・リミッターIK Multimediaの『TR5 Quad Limの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 Quad Lim 使い方レビュー

まずはひとこと。

使ってみると良さがわかるマルチバンド・リミッター!

特 徴

  • 最高4バンドの帯域で調整ができるマルチバンド・リミッター・プラグイン。
  • ブリックウォール・リミッターを搭載。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Quad Lim』というプラグインです。

マルチバンドリミッターで、同シリーズTR5 Quad Comp』マルチバンド・コンプと操作はほぼ同じですが、使った感触は違います。

コンプマルチバンドのものは多いですが、リミッターはあまりないと思います。
設定によってはコンプマルチバンドリミッターのように抑えることはできます。

このTR5 Quad Lim』は、ブリックウォール・リミッター機能がなかなか面白く、帯域ごとに完全に音を抑え込んで、現代のポップスで聴くようなリミット感が作れます。

使ってみると、マルチバンドコンプとは感触が違うなというのがわかってもらえると思います。

ダイナミクスのあるドラムバスや、マスター2mixなどに効果的で、現代風の「リミットかけています!」という音作りができます。

TR5 Quad Limの使い方

TR5 Quad Lim 使い方レビュー

SOLO」・・・で選択した帯域のみの音をモニタリングできます。

❷ BYPASS」・・・で選択した帯域のみの音をミュートできます。

❸ 2BAND 4BAND」周波数を4バンドまで分割できます。

dB/Oct」・・・Qのカットオフ・スロープの角度を選択できます。

BRICK WALL」・・・ブリックウォール・リミッターのオンオフができます。ブリックウォールとは、レンガのブロックという意味で、完全にそこでリミットしてしまうタイプのリミッターです。

LINK BANDS」・・・分けられた全バンドをリンクして調整できます。

❼ 調整したい帯域をクリックします。選択された帯域は白く変わります。

❽ 各帯域の境界線のクロスオーバーの設定をマウスでドラックして調整ができます。

Threshold・・・で選択した帯域のスレッショルドのしきい値を設定できます。

Attack・・・で選択した帯域のスレッショルドのしきい値が越えてから、リミッティングが始めるまでの時間を調整できます。

Release・・・で選択した帯域のリミッティングされた音が原音に戻る時間を設定します。

Gain・・・で選択した帯域のゲインをEQのように調整できます。

Gain Reduction・・・分けられた各帯域のリダクションのレベルを確認できます。


「BRICK WALL」の機能が付いているのが、このプラグインのポイントで各帯域で完全にリミットして、スレッショルド、リリースの調整によってはすごいアンビエント感を得ることができます。
こういった音作りに使うのも良し、完全なリミッターとして使うも良しといった、かなりポイントとなる機能になっています。

ココが好き!

マルチバンドコンプとはまた違った効果!

音の変化もわかりやすく扱いやすい!

気になった点…

スペクトラル・アナライザは、あって欲しかったかも…。

こんな方にオススメ!

  • ミックスまでする人
  • マルチバンドのリミッターを使ってみたい人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「ブリックウォール・リミッターがポイントのマルチバンド・リミッター」といったところでしょうか?

マルチバンドのリミッターは初めて使ってみましたが、細かいところを追求すると、より音圧を上げやすい処理ができると思います。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 Quad Lim」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム