『Scheps 73』waves定番大人気のプリアンプ・プラグイン! 使ってみた・使い方レビュー

DTM

こんにちは。マサツムです。

今回はプリアンプ・プラグインwavesの『Scheps 73の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Scheps 73使い方レビュー

 

まずはひとこと。

やっぱり音も定番が良い!

特 徴

  • 大定番のプリアンプNEVE1073のモデリング・プラグイン
  • wavesの中でもとても人気のプラグイン。
  • 通すだけで音がかっこよくなる。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesScheps 73というプラグインです。

wavesの中では確実にベスト5に入るくらいの人気があります。

「73」と名前が付くところから分かる通り、大定番NEVEプリアンプ「1073」モデリング・プラグインです。

とにかく通すだけで抜けがよくかっこよくなるので、いろんな楽器に使いたくなります。

使い方としては、3バンドEQで調整していきますが、とても音楽的で安心して調整できます。

MID」「LOW」外側ツマミで狙いたい周波数を決めて、内側ツマミゲインプラスマイナスして調整します。
HIGHだけが「12kHz」固定で結構高めですが、このハイをあげると耳に痛い感じではなく、きらびやかになってくれます。
ギター、特にアコギはとてもキレイな音を作れます。

一番下の青いツマミ「HPハイパスフィルター(ローカット)です。
こういったアナログモデリングに付いているローカットは、ナチュラルに効いてくれるのでとても便利です。

中低域もしっかりが出てきて全体的にスッキリして芯がしっかりする感じがとても優秀です。

PREAMPプリアンプ質感をグッと押し上げていきます。
DRIVE」モードにすればかっこいいサチュレーション効果をさらに加えることができます。

個人的によく使う場面は、こんな感じです!

  • キック」・・・アタックも気持ち良く、そして存在感のあるキックが作れます。ローカットを使いたい時もキレイに抜けてくれます。
  • ベース」・・・少しアグレッシブな歪んだベースを作りたい時は、このプラグインを使います。とてもイメージ通りの歪んだベースになってくれます。
  • ギター」・・・ハイが抜けてギターにはとても合うプラグインだと思います。ローカットも存在感を保ちながらローを削ってくれる感じがしてとても良いです。
  • アコギ」・・・とにかくきらびやかになり、オケの中で良いポジションを保ってくれます。
  • ピアノ」・・・ジャンルによっては少し効果が強く感じますが、ロックピアノなら抜群の効果を加えてくれます。
  • ブラス」・・・ブラスにもとても合います。抜けた感じでノリが出て音に存在感がでてきます。

MS処理も気軽にできるのも人気のひとつです。

Sideを引き締めた抜けの良い音にできるので、MS処理にも使い勝手は良いです。

しかし、とりあえずギター、ベース、ブラスなど、楽器に使ってみてほしいプラグインです。

ココが好き!

ギターがカッコよくなる!

通すだけで1073の質感を再現してる!

気になった点…

たくさんの楽器に使うとみんなが主張しすぎるので注意が必要…。

こんな方にオススメ!

  • 1073が好きな人
  • ギターをワンランクアップさせたい人
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「挿すだけでカッコ良くなるプラグイン」といったところでしょうか?

ロック系のベース、ギターは本当にカッコよくなります!

とにかく人気が高いので、間違いなく損はないプラグインです!

今回は、「Scheps 73」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム