『Melodyne 5』常に進化し続ける最強ピッチ補正ソフト!使ってみたレビュー

DTM Melodyne 5 レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はピッチ補正ソフト、CelemonyMelodyne 5の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Melodyne 5レビュー

 

まずはひとこと。

 また音が良くなっている最強ピッチ補正!

特 徴

  • 大定番のピッチ補正ソフト
  • 歌以外の楽器でも大活躍
  • ギターなどの和音も一音ずつ認識、調整可能

使ってみた感想

Melodyne(メロダイン)は初期の頃から使用していて、僕とともにアップデートしてきたピッチ補正ソフトです!

他にもピッチ補正ソフトを使ってきましたが、完全にメロダイン信者です。

アップデートするたびに「音がよくなっている!」という印象を受けながら進化しています。

初期の頃はやはりピッチ修正すると声質が変わってしまうので、Melodyneを使ってピンポイント一語一語修正して置き換えるという使い方をしていました。
これでも当時は簡単ピッチ修正ができると画期的だったのですが、
中でも歯擦音(しさつおん「Sibilant」)に関してはMelodyneに取り込むとどうしてもが変わっていまい、手動子音の箇所を調整して劣化最小限にしながら修正していました。

アップデートするたびに音質が良くなり、「Melodyne 4」になった時に歯擦音がかなり良くなり、それからは歌データを全て取り込んで調整しています。

特に僕が気に入っているのが、別テイク録音したでつながりが不自然な状態でも、間のオレンジドラッグして調整し滑らかにすると、すごくナチュラルになります。

Melodyne 5使い方
修正前
Melodyne 5使い方
修正後   

 

歌以外でもベース楽器録音した時は使うことが多いです。
力(りき)んでピッチ不安定になった箇所など、調整することによって楽曲安定します
ベースメロダインを使用しているエンジニアさんは多いです。

和音認識できるようになってからは、ギターコードなどピンポイント修正に使っています。
ミスタッチなどもこれで除去しています

「Melodyne 4」になってからは、メロダインの中でEQ倍音の調整もできて、取り込んだ音をシンセのような音作りもできるようになっています。

アレンジしていてどうしてもイメージ音色フレーズにならない時など、メロダインに突っ込んでイラストを書くようにを触ってみるとイメージにできたりするので、僕はピッチ補正以外でも大活躍しています

もう本当にどんどん進化して無敵状態になってきています。

Melodyne 5になって感動した機能!

今回Melodyne 4」から「Melodyne 5」になって嬉しい進化解説します!

「Melodyne 5」になって、この歯擦音認識されて別調整ができるようになっています!!
これにはビックリしてメロダイン信頼度がさらにアップしました!

今回から歯擦音感知すると画像のように子音の箇所が縦線シマシマ状態になっています。

Melodyne 5使い方

 

カーソルを「歯擦音バランスツール」に変えて、マウスで掴みドラッグすると歯擦音の部分だけ小さくなり、ドラッグすると母音だけ小さくなります。

Melodyne 5使い方

Melodyne 5使い方
下にドラッグすると‥
Melodyne 5使い方
上にドラッグすると‥

 

今までは分割ツール子音母音に分けて調整していたのでこれはかなり効率アップです

 

そして、フェードインフェードアウト効果です。
これは前々から気軽にできたらいいのになと思っていた機能なので嬉しすぎる機能です

カーソルを「フェードツール」に変えて、発音あたりでマウスで掴みドラッグするとフェードインができ、語尾あたりでドラッグするとフェードアウトができます。

Melodyne 5使い方

Melodyne 5使い方
入りが大きい音も‥
Melodyne 5使い方
フェードでナチュラルに!

今までは分割ツールで細かく分けて手動フェードをかけていましたが、不自然になる場合はオーディオファイルにしてフェードをかけていました。
今回のこの機能で自然にできて効率アップで、僕にとっては大きな進化でした

 

ココが好き!

進化し続ける安心のピッチ補正ソフト!

自分が歌っているかのように補正できる!

 

気になった点…

僕は慣れていますが、拡大縮小に手間取る人が多いです…。

 

こんな方にオススメ!

  • ボーカル処理をたくさんする人
  • 生演奏録音が多い人

ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「これ以上の進化が想像できないピッチ補正ソフト」といったところでしょうか?

あえて進化を求めるなら大きくピッチ修正した時に、AIがその人の高い声低い声声質を作り出せたらと思う時があります。
フォルマント調整でできるだけ自然調整はできますが、AIがそれを完璧に作り上げたらすごいなと思います!

作業する方の環境にもよりますが、僕はレコーディング修正アレンジMIXをする環境でメロダインがないと仕事ができません!
たぶん僕にとっては一番必要なソフトであるからこそ常にアップデートしながらメロダインと歩んでいます

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、Melodyne 5を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム