『ISOL8』こんなに使えて、フリープラグインでいいの?!使ってみた・使い方レビュー

DTM ISOL8使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はモニターチェックプラグインTBPro AudioISOL8の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

ISOL8使い方レビュー

まずはひとこと。

こういったソフトは分かりやすい、使いやすいが一番!

特 徴

  • ミックス、マスタリングに活躍できるチェック用プラグイン。
  • 扱いやすい見やすいエディット画面。

使ってみた感想

『ISOL8』音源が入っているソフトでもなく、を作るエフェクトでもないプラグインで、チェックするためのプラグインです。
狙った帯域だけを聴く、あるいはミュートして聴くといったチェックができます。
MSチェックなどもできる、ありがたいツールです。

ミックスマスタリングでは、補佐的プラグインがないと非常に時間がかかってしまいます。
その中でも『ISOL8』は、扱いやすく分かりやすく、必要な項目だけ的確に並んでいるので、こういったプラグインは必ず持っておきたいです。

これだけでは物足りないツールのように思えますが、EQなどのアナライザーと組み合わせて使えばベストツールです。

あと、こんな使い方する人はあまりいないと思いますが、フィルターの代わりにもなります。

EQなどのプラグインでも、周波数ポイントソロ試聴が出来たりしますが、ISOL8のように各ポイントソロ、ミュートが簡単に分かりやすくできると、ミックスがかなりやりやすくなります。

「Mid」「Side」チェックも簡単でわかりやすく、こういったツールがあると面倒なMS処理も楽になります。
切り替えてチェックすると、音の広がりのイメージが見えやすくてさらに良いです。

最終チェックではもう『ISOL8』がないと、困ってしまいます。

使い方

ISOL8使い方レビュー

・・・振り分けられる各帯域の境界線を設定します。

 ・・・プラグイン全体のオン/オフのバイパスボタンです。

・・・メインになる部分で「LF」(低域)/「LMF」(中低域)/「MF」(中域)/「HMF」(中高域)/「HF」(高域)の5つに分かれいて、それぞれソロ・ミュートの切り替えができます。

・・・❺ の「CH. MODE」を「MULTI CH.」にすると、チャンネルを指定することができます。

・・・❸ でソロを選んだ時にミュートになる項目を選べます。「STEREO」「LEFT」「RIGHT」「MID/SUM」「SIDE/DIFF」「MULTI CH.」が用意されています。

・・・分けられた周波数の境界線のQ(角度)を変更できます。

・・・L、R、Mid、Sideを単体で確認できます。「MONITOR」「MON.CTR.」「MON.LEFT」「MON.RIGHT」で選択した定位で確認することもできます。

 ・・・プラグイン全体の出力を調整します。

・・・アッテネーターになっていて、設定した音量に切り替えてチェックできます。


各周波数の音チェックだけでなく、便利でよく使う項目がたくさんあります。

ココが好き!

分かりやすいGUIで、チェックしている項目がひと目でわかる!

いろんな組み合わせでチェックできる!

気になった点…

シンプルでベストだと思うので、特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • DTMでミックス・マスタリングまでする人
  • ミックス・マスタリングのチェックが不安な人
  • フリーのプラグインが好きな人
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「一度味わうと、なくなると困るツール」といったところでしょうか?

音を実際に変化させたりするものではないですが、こういった道具的なものはどんどん使っていくと、自分の気づけなかったところを発見できます。
時間も有効に使えるので、効率の良いDTMの環境にしていきたいです。

そして、さんざん便利でとても使えるプラグインと説明してきましたが、こちらなんと無料になっています!
TBPro Audio」のサイトから、登録もライセンスも何もなしでダウンロード&インストールができます。
有料化される前にぜひ試してみてください!

今回は、「ISOL8」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム