ギター各パーツの「名称」と「役割」

DTM ギター各パーツ「名称」と「役割」

こんにちは。マサツムです。

パーツ役割を知ることはギター上達への近道にもなります。

今回は「エレキギター」の各パーツ名称役割の説明をします。

ギター各パーツ「名称」と「役割」

 

ギター各パーツ「名称」と「役割」

 

❶ ボディ

音の響きを伝えるギターの中心部。木の素材で音のタイプが変わってくる。メイプル、マホガニー、アッシュ、アルダー、バスウッド、ウォルナットなどたくさんの種類があり、軽い材質のものは軽やかな音がして、重い材質のものは重くズッシリした音の響きになる。

❷ ストラップピン

ストラップを引っ掛けるところ。エンドピンとも呼ばれる。
❸ ブリッジ エンドを固定するところ。弦高の高さやオクターブチューニングの調整などをここで行う。ボディに弦の響きを伝える役目も。
❹ ナット ヘッド側で支える箇所。材質もプラスチック、牛骨、オイル牛骨、象牙などたくさんあり、材質の違いで音の響きが変わってくる。

ピックアップ

の振動を電子信号にして出力できるマイクネック側から「フロント」「センター」「リア」と呼び配置によって音の拾い方が変わる。「フロント」は太く柔らかい音、「リア」は軽やかな軽い音になる。「センター」はその間の音。
❻ トラスロッド 湿気気温の張りによって反ってしまったネックトラスロッドで調整。ネックの中に一本の曲がったロッドが入っていて、回転させることによってネックの反りを整える。
❼ ピックガード ピッキングによるボディの傷や塗装の剥(は)がれを防止するために貼られた薄い板。
❽ フィンガーボード(指板) ネックに貼られた指が当たる板。ローズウッド、メイプル、エボニーなどの材質があり、指のタッチや弾きやすさ、音の性質が変わってくる。
❾ ストリングガイド フェンダータイプヘッドに見られる、の張りの弱さを補強するために付いているパーツ
❿ フレット フィンガーボードに埋め込まれた金属パーツ音程の幅に合わせて並んでいて弦がここに当たって音程が変わる。
⓫ ペグ ペグで回して弦の張りを変えてチューニングする。
⓬ トレモロアーム ボディの裏でブリッジバネが付いていて、バネの力を借りてこのアームで弦の張りを変える。それによってビブラートチョークダウンの奏法ができる。
⓭ ネック ボディヘッドをつなぎの張りを支える。ネックもいろんな素材で握った感触や音が変わってくる。ボディネックネジで組み合わせるものと、一本の木でできていて繋がっているものがある。
⓮ ヘッド 大きく分けて「ギブソン系」「フェンダー系」があるが、メーカーによって様々な形がある。ペグが取り付けられる箇所なので、音の伸びなどに影響してくる。
⓯ ピックアップセレクー 音を出すピックアップを選択するレバー。ピックアップが3つの場合は5段階に分かれていることが多い。トグルスイッチとも呼ばれる。
⓰ コントロールノブ ボリュームトーンを調整できるノブ。ボリュームノブを使ってバイオリン奏法などもできる。
⓱ アウトプットジャック ここにシールドを挿して出力するアンプなどにつなぎ音を増幅させる。

 

 

ま と め

今回はギターイラストを元に各パーツを説明しましたが、ベース基本は同じです。

パーツそれぞれの役割を知ると、確実に音作りに影響が出てきます。

名称、役割を確かめたいときにお役立てください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム