『Abbey Road Plates』とてもよく使うプレート・リバーブ、その最高峰! 使ってみた・使い方レビュー

DTM Abbey Road Plates使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はプレート・リバーブwavesの『Abbey Road Platesの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Abbey Road Plates使い方レビュー

まずはひとこと。

濃厚なリバーブ感に感動!

特 徴

  • アビーロード・スタジオに常設された4つの伝説的EMT 140プレート・リバーブを再現。
  • wavesの「Abbey Road Collection」の中に入っているプラグインのひとつ。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesAbbey Road Collectionの中に入っているAbbey Road Platesというアビーロード・スタジオ常設のプレート・リバーブを再現したプラグインです。

リバーブタイムの固定されているエコーチェンバーを補う形で、プレート・リバーブは導入されました。

プレート・リバーブといえば、プラグインプリセットには必ず用意されているリバーブで、ボーカルリバーブにとてもよく使われています。
ボーカルと相性が良く、伸びのあるナチュラルリバーブが表現できます。

そして、そのプレート・リバーブ伝説のアビーロード・スタジオに常設された4つのEMT 140プレート・リバーブシミュレートしたのが、このAbbey Road Platesです。

EMTプレートは、吊り下げられた一枚の巨大な金属板(プレート)と、両端から張られたバネによりステレオ・リバーブの効果を作り出します

それを再現したAbbey Road Plates」は、本当によくできたプラグインで、CPUは重たいですが、リバーブの質感と設定の再現度がとても優秀です。

使い方

Abbey Road Plates使い方レビュー

INPUT」・・・入力信号を調整します。

CROSSTALK」・・・ステレオの広がりの調整を再現しています。

PLATE SELECTOR」・・・4つのプレートの種類を選択できます。4パターン、画面のプレートの色が変わっていきます

DAMPER」・・・11段階でダンパーの位置を設定できます。実際の残響時間を調整していたダンパーを再現しています。メモリの数値はリバーブタイムということではありません。

EQ」・・・「TREBLE」でハイを調整して、「BASS CUT」でローカットを設定できます。

PREDELAY」・・・初期反射音を調整します。原音の質感に影響してきます。

DRY/WET」・・・原音とエフェクトとのバランスを調整します。

DRIVE」・・・サチュレーションを加え、リバーブに深みを加えることができます。

ANALOG」・・・実機同様のハムノイズを加えることができます。

OUTPUT」・・・出力信号を調整します。

ココが好き!

リバーブの伸びがとてもキレイ!

プレート・リバーブに特化しているこだわりがすごい!

気になった点…

仕方ないですが、重いです…。

こんな方にオススメ!

  • プレート・リバーブをよく使う人
  • いろんなリバーブを知りたい人
  • アビーロードスタジオが好きな人
ま と め

まとめとしては「プレート・リバーブの仕組みが分かるシミュレーション・プラグイン」といったところでしょうか?

歌のかけると本当にキレイに乗ってくれます。
もちろん他の楽器にもかなり使えるので、DTMでミックスまでする人にはオススメです!

今回は、「Abbey Road Plates」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム