DTM音楽用語068「ディエッサー」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMインストゥルメントの制作ではなく、録音をするようになるとディエッサーの知識が必要不可欠になってきます。

今回はディエッサー」を、誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ディエッサー」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ディエッサーとは?

ディエッサー(Deesser)とは、ボーカル歯擦音(しさつおん)を抑えるエフェクタープラグインのことをいいます。

ディエッサーの名前の意味は「エスを消す」という意味です。

サ行やザ行「さ・し・す・せ・そ」「ざ・じ・ず・ぜ・ぞ」発音の時、発生する瞬間に強い息が出ます。
この耳障りな歯擦音といいます。

その他にも「」や「」も歯擦音が出ます。
」や「」、カ行も弱いですが出ます。

ボーカル歯擦音を抑えることに特化していて、4kHz~15kHzあたりの帯域コンプをかけてくれます。
歌い手さんによって歯擦音が出る帯域は違います。

マルチバンドコンプダイナミックEQでも、まったく同じ効果を得ることができますが、歯擦音を抑えるときは専用プラグインとしてやはり、ディエッサーを使った方が扱いやすいです。

ボーカル以外の楽器にも使用する人はたくさんいます。
シンバルなど金物系の耳に痛い帯域ギターカッティングの耳に痛い帯域などを抑える効果もあります。

もともとはボーカル歯擦音を専用のエフェクターでしたが、耳障りな音を抑えるエフェクターということでも良いと思います。

ディエッサーの上手な使い方

歯擦音は目立つと耳に引っかかり気になって、せっかくのが台無しになってしまいます。
かといって歯擦音の部分を取りすぎると、母音だけになり言葉の聴こえ方が変わってきます。
最終的には必ず耳で聴いて判断する必要があります。

波形で見るタイプ

リアルタイムで確認しながら調整できるものは、どこにかかっているのかがとてもわかりやすく安心して調整ができます。
ディエッサー効果があったところの色が変わり目で見て効果がわかります。
かかりすぎのチェックもしやすいです。
ディエッサーとは

シンプルなタイプ

昔からあるディエッサーシンプルで、周波数帯域スレッショルドQを決めて調整していきます。
設定の仕方は、歌い手さんによって帯域が変わってくるので、周波数が確認できるアナライザーで、歯擦音の時に反応する帯域ディエッサーに設定して耳で確認しながら調整していきます。
ディエッサーとは
ディエッサーとは

ま と め

ボーカル調整にはディエッサー効果の知識は必須です。
ちゃんと処理するかしないかで、仕上がりに差が出てきます。
EQ処理を駆使して綺麗にまとめる腕のいいエンジニアさんもいますが、便利なプラグインはたくさんあるので、まずは活用することをおすすめします!

僕はディエッサーは使い慣れているシンプルなタイプを使っています。

今回は「ディエッサー」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム