DTM音楽用語160「デシベル」とは?

こんにちは。マサツムです。

DAWを操作していると「dB」の単位がよく出てきます。

単純に数値が大きいと音が大きくなり、数値が小さいと音が小さくなるという感覚で作業して全く問題ないのですが、実は単純な数値ではありません。

今回は、「デシベル」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

デシベル」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

デシベルとは?

デシベル(Decibel)とは、強さ、音圧大きさを表した単位のことをいいます。

音圧絶対値をそのまま表すと、表記がむずかしいくらいの差があるので、対数比で表したものがデシベルです。
ベルという電話電力転送単位を、1/10で表記してデシベルと表します。
1リットル10デシリットルと同じで、1ベル10デシベルになります。
しかし、ベルで表記すると小数点がこまかくなるので、デシベルで表記するのが標準になっています。

DAWでは音量を調整するフェーダープラグインゲインなど、「dB」という単位で表記されています。
正確には「dB SPL」ですが、表記する時は一般的にSPLは省略されます。

ライブなどの音響デシベル単位でやりとりをして調整していきます。

音楽業界の作業では、デシベルがとても関わってきます。

デシベルの計算

デシベル音圧の関係を見ると、すごくむずかしい計算式が出てきますが、ポイントだけ押さえておくと、DAWで作業している時に感覚がわかって便利です。

デシベル音圧倍率は「20dB10倍」そこから20dB増えるごとに「40dB100倍」「60dBが1000倍」‥が増えていきます。
単純デシベルの上がる倍率が、音圧の上がる倍率と同じというわけではないということです。

そして、DTMではよく基準にされるのが「1dBが約1.1倍」「6dBが約2倍」「12dBが約4倍」という音圧比率になります。
6dB上げると、音圧2倍にもなっているということです。

0dB 1倍
1dB 約1.1倍
6dB 約2倍
10dB 約3倍
12dB 約4倍
14dB 約5倍
20dB 10倍
30dB 約30倍
40dB 100倍
60dB 1000倍
80dB 10000倍

DAWの中の「dB」

DAWの中で一番デシベルが関わってくるのが、各トラックフェーダーです。
トラックの最終的な音量デシベルの上げ下げで調整します。

次に関わってくるのが、イコライザーです。
各周波数デシベルで調整してを作ります。
「1kHzあたりを何デシベルか上げてブーストさせる」「400Hzあたりのモコモコしたところを何デシベルか下げる」など、イコライザーを触る時はデシベルの感覚が必要になります。

あとはエフェクトアンプなどのゲインなど、ほかにもデシベルで表されるパラメーターはたくさんあります。

ま と め

音のレベルは耳で聴きながら調整するものですが、レコーディング、ライブという現場では相手に伝えて調整場面もあるので、デシベルの感覚は知っていた方が良いと思います。

今回は「デシベル」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム