『J37 Tape』やっぱりテープ・サチュレーションは気持ちいい! 使ってみた・使い方レビュー

DTM J37 Tape使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はテープ・サチュレーション・プラグインwavesの『J37 Tapeの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

J37 Tape使い方レビュー

 

まずはひとこと。

質の良いテープ・シミュレーター・プラグイン!

特 徴

  • 60年代のアビーロード・スタジオに常設されたJ37テープマシンのモデリング。
  • テープのタイプを3つから選べる。
  • wavesの「Abbey Road Collection」の中に入っているプラグインのひとつ。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesAbbey Road Collectionの中に入っているJ37 Tapeというテープマシンを再現したプラグインです。

テープ・シミュレータープラグインはいろんなメーカーから出ていますが、このプラグインは、60年代アビーロード・スタジオに常設された「J37テープマシン」で古いタイプのものになります。
ヴィンテージ感のあるサウンドにするには、とても適しているプラグインです。

ちなみにさらに古いタイプの「Ampex 350/351」モデリングしたテープ・サチュレーター・プラグインは、同メーカーwavesの『Kramer Master Tape』になります。
こちらはもっとヴィンテージ感が強く、どうしても音痩せしてしまう印象がありますが、J37 Tape』は音の芯もしっかりしていて、現代のサウンドにも扱いやすいテープ・プラグインだと思います。

使い方

J37 Tape使い方レビュー

・・・「FORMULA」テープのタイプを「EMI tape type 888/811/815」から選ぶことができます。

・・・「SPEED」テープスピードを切り替えられます。
「7.5」は低域がしっかりして、「15」は高域が少し強調されます。

・・・「IN/OUT」入出力信号を調整します。
ここの音圧をどれだけ突っ込むかでサチュレーション感が変わってきます。
リンクを入れればINとOUTが反対の動きで出力音量を一定に保ってくれます。

・・・「BIAS」磁気テープの歪み具合の切り替えができます。
歪み具合を低域から高域へ音質を設定できます。

・・・「DELAY TIME」ディレイ音の間隔を設定します。
「SYNC」でDAWのBPMとリンクします。

・・・「MODELED TRACKS」テープのどのトラックに録音するかを再現しています。
「2」低域寄り、「3」高域寄りになり、「2+3」でステレオの広がりを強調します。

・・・「WOW/FLUTTER」テープによる音の揺れを作れます。
極端な設定もできます。

・・・「NOISE」実機特有のノイズを再現できます。

・・・「SAT」サチュレーションを加えることができます。
INPUTとは違う歪みを作ることができます。

・・・「DELAY」ディレイ効果を作ることができます。
「SLAP/FDBK/PING PONG」からディレイのタイプを選択できます。
「HP/LP」でディレイをハイパス・ローパスも出来ます。
「MODE」でインサート用に使うか、センドリターン用に使うかを選べます。

ココが好き!

テープ・シミュレーションの中でも音質が良い!

ディレイが普通に使える!

GUIがかっこいい!

気になった点…

特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • ロックサウンドが好きな人
  • アナログサウンドが好きな人
  • アビーロードスタジオが好きな人
ま と め

まとめとしては「デジタルサウンド臭さを解消するにはやっぱりテープ・サチュレーター・プラグイン」といったところでしょうか?

軽くかけて絶妙な心地よさも狙うも良し、サチュレーションとフラッターとディレイで大げさなかっこいい音作りも良し、というようにいろいろ遊べるアイテムです。

今回は、「J37 Tape」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム