『CLA MixDown』パンチのある2mixに生まれ変わる! 使ってみた・使い方レビュー

DTM CLA MixDown使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はミックス調整プラグインwavesの『CLA MixDownの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

 

CLA MixDown使い方レビュー

まずはひとこと。

クリス・ロード-アルジの音に寄る!

特 徴

  • グラミー受賞エンジニア、クリス・ロード-アルジが監修したmix専用のプラグイン。
  • 2mixをさらにブラッシュアップできる。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesミックス調整プラグインCLA MixDownという、ミックスバス音源を調整するプラグインです。

wavesではおなじみのクリス・ロード-アルジさん監修のプラグインですが、CLAシグネチャーシリーズバンドルには入っていませんので注意してください!。

エアロ・スミス、U2、フー・ファイターズ、ミューズなどを手がけるエンジニアで、今回のCLA MixDown2mixミックスデータに使うと、パンチのあるバキバキした重厚なロックに近づけることができます。
ポップスにもいい仕事をします。
もちろん、もともとの2mixによるところもありますが、あと少し磨きをかけたいときには有効的です。

イコライジングコンプの感じも、SSL系のものと似た感覚がありました。
最低限のパラメーターしかないので、悩むことなく作曲活動に専念でます。

僕はドラムバスにかけて使用することもあります。
大体のドラムの音が決まってからの微調整は、すごくイメージに持っていきやすいです。

BASS」「TREBLE低域、高域ミックスデータの調整に、とても合った上がり方をしてくれます。

INPUT」は上にあるランプに合わせて、最適なリダクションまで上げるとかかり具合が良い状態になります。

GLUEで楽曲全体を引き締めるコンプがかかります。
2つ用意されていて「1」モダンパンチのあるコンプ「2」は全体をなじませるタイプコンプになっています。
効果を強めていくと音が引っ込んでいくので、比較しながらの調整が難しいと思いますが、OUTPUTで補正しながら音を作っていきます。

DRIVE」はサチュレーションを加えることができます。
種類は選べなくて、そこまで良い効果を感じられないので、僕はあまり使っていません。

ココが好き!

GLUEがいい感じでタイトになってくれる!

シンプルで音楽的に変わってくれる!

気になった点…

サチュレーションのパターンがもう少しあったら嬉しいかも…。

こんな方にオススメ!

  • クリス・ロード-アルジエアロ・スミスが好きな人
  • パンチのあるロックが好きな人
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「2mixをシャキッとさせ、先生がうまくまとめるプラグイン」といったところでしょうか?

洋楽など聴いて「この迫力はどうやって作るんだろう」という人は少なくないと思います。
少しでもそんな音楽に近づけることができる簡単操作プラグインです!

今回は、「CLA MixDown」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム