waves『CLA Bass』ベースの音が本格的な音に生まれ変わる! 使ってみた・使い方レビュー

DTM CLA Bass 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はベース調整プラグインwavesの『CLA Bassの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

CLA Bass 使い方レビュー

まずはひとこと。

いかついベースの音に!

特 徴

  • グラミー受賞エンジニア、クリス・ロード・アルジが監修したベース専用のプラグイン。
  • ベースの調整がむずかしいところまで、最適な調整が直感でできる。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesベース調整プラグインCLA Bassという、ベースの調整に特化したプラグインです。

wavesではおなじみのクリス・ロード・アルジさん監修のプラグインです。

エアロ・スミス、U2、フー・ファイターズ、ミューズなどを手がけるエンジニアで、CLAシリーズハードロックに合うようなパンチのあるバキバキした重厚なサウンドに近づけることができます。
ポップスにもこういったサウンドはかなりいい仕事をします。

ベース音作りは、とても重要です。
楽曲の周波数の一番土台で大きな範囲で支えています。

それでいて最近は携帯のスピーカーで音楽を聴く人が多いので、ハイの成分でもベースを感じさせる音作りも要求されます。

ベースを2つのトラックに分けて、一つのトラックサブベースとして低域を支えるトラックを作る方法がありますが、安定したサブベースを作るのはむずかしいです。

そのあたりもとても頼りになるありがたい、サブベースフェーダーがあります。

EQでの細かい設定は全体のミックスの時に行うとして、まず大雑把にEQ処理をするには最適なフェーダーです。

CLA Bassの使い方

ベースに重要な最低限の6つパラメーターに絞って調整します。

  • BASS」・・・「SUB」「LOWER」「UPPER」からベースの存在感を狙って低域を調整できます。
  • TREBLE」・・・「HONK」「BARK」「CUT」からベースラインを狙って中高域を調整できます。
  • COMPRESS」・・・「PUSH」で音を押し上げるようなコンプ、「SPANK」でアタックの強いコンプ、「WALL」でブリックウォール・リミッターのようなコンプの調整ができます。
  • SUB」・・・エンハンス効果で低域を作り調整できます。
  • DISTORTION」・・・メタル・ハードロックでよく聴く、歪んだベースを作ることができます。ベースが浮いて聞こえる場合、少し歪ませると楽曲に馴染みやすくなる場合もあります。
  • PITCH」・・・80年代のようなコーラス効果も加えることができます。

ココが好き!

サブがやりやすくて便利!

音作りに時間がかからない!

気になった点…

シンプル優先ということで、特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • ベースの音作りが苦手な人
  • クリス・ロード・アルジが好きな人
ま と め

まとめとしては「ベースの正解を教えてくれるプラグイン」といったところでしょうか?

ベースの音作りは、楽曲のミックスに大きな影響を与えてしまいます。
ロックだけではなく、オールジャンルに使う価値アリのプラグインだと思います。

微調整にも良し、しっかり音作りするも良しどちらも良い効果を得ることができます。

ぜひぜひ積極的に使ってみてください!

今回は、「CLA Bass」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム