DTM音楽用語070「海苔波形」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMをやっていないと出会うことはない「海苔波形」。

インパクトのある言葉で、聞いたことのある人もいると思います。
なんとなく意味がわかっている人も、仕組みを知れば、この波形の重要性がもっとわかると思います。

今回は海苔波形」を、誰にでも分かりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

海苔波形」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

海苔波形とは?

海苔波形(laver waveform)とは、2mixデータリミットをかけて出来る、海苔のような長方形の波形のことをいいます。

スローテンポや、音数の少ない楽曲では海苔波形を求めませんが、テンポ感もあって音圧を出したい楽曲はこの海苔波形に近づけるのが理想の2mixになります。

音圧を上げてダイナミクスのある海苔波形を作るのが理想ですが、ただ単にマキシマイザー音圧あげれば良いということではありません。
ダイナミクスが消えてしまった海苔波形は、ただ単にが詰まってうるさいだけです。

ジャンルによって海苔波形を嫌うエンジニアさんもたくさんいます。
ダイナミクス優先の楽曲には当然です。

しかし、ギターロックシンセダンスミュージックなど、ジャンルによってはいまだに「音圧戦争」は終わっていません。
この手のジャンルCDデータ音圧をいっぱいいっぱいに上げているものが多いので、波形で見ると海苔波形をになっているものが多いです。

目で見る海苔波形

マキシマイザー音圧を調整して2mixを作ると「波形 1」のようなステレオ波形ができます。
2mixとは、最終的にスピーカーから出るL(左)とR(右)の2つの音データです。
ダイナミクスもあり、とても良い2mix波形だと思います。
海苔波形とは?
波形 1
しかし、リミッティングをかけて目一杯音圧を上げると「波形 2」のようなギザギザの少ない波形ができます。
これが海苔波形です。
ブレイクの時に隙間(すきま)ができますが、その他はベッタリ天井に当たっています。
海苔波形とは
波形 2
波形 2」の時間軸アップにしてみると、ちゃんとギザギザになっています。
一本一本が太くしっかりとしたギザギザになっています。
海苔波形とは?
「音量の最大値はここまで」と決まっているので音量を上げて小さいも全体的に持ち上げて、圧縮して分厚い2mixを作ります。

良い海苔波形と悪い海苔波形

冒頭にも書きましたが、最終2mixはただ単にマキシマイザー音圧あげれば良いということではありません。

せっかくのダイナミクスが消えてしまいます。
ダイナミクスとは、の大小でこれがあるから抑揚(よくよう)がつき、表現力が活かされます。

良い海苔波形」・・・ちゃんとこのダイナミクスを感じさせながら、しっかりと音圧も上がっている
悪い海苔波形」・・・ダイナミクスが失われ、天井の音が潰れて全体的に揺れて聴こえる

精度の良いマキシマイザーは調整具合でダイナミクスを保ちながら音圧が上がってくれますが、元のmixされたデータ音圧を上げにくいデータマキシマイザーで強引に上げると、「悪い海苔波形」になってしまいます。

良い海苔波形」を作るには、やはり各トラックの処理が大事になってきます。
これは経験がないとなかなか調整はむずかしいです
トラックが良いバランスができて、それらがまとまり2mix音圧を上げれば、迫力のある「良い海苔波形」を作ることができます。

音圧マキシマイザーだけに頼るのではなく、バランスを操れるようになるとワンランクアップ2mixに仕上がります。

ま と め

最終mixはとても大事でマスタリングでの音圧調整で楽曲全体の質がグッと上がります。
たくさんのプロの楽曲をDAWに並べて比較すると、波形の形や音の聴こえ方などの違いがわかってとても為になります。

海苔波形が嫌いなエンジニアさんもたくさんいますが、マキシマイザーに頼らず、波形を海苔波形に近づけられるようになるとダイナミクスと音圧の関係が良い状態になると思います。
楽曲を聴いて、そこまで調整できるようになるには、かなりの研究が必要そうです。

今回は「海苔波形」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム