T-RackS 5『TR5 Black 76』1176系コンプは何個持っててもいい!使ってみた・使い方レビュー

DTM TR5 Black 76使ってみたレビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はFETタイプコンプレッサーIK Multimediaの『TR5 Black 76の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 Black 76使ってみたレビュー

まずはひとこと。

無難に男らしい76系コンプ!

特 徴

  • 大定番のFETタイプコンプレッサー「1176」のエミュレート・プラグイン。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Black 76』というプラグインです。

UREI 1176」というと、コンプレッサーの中でも1番人気といっても大げさではないくらい、長く人気のあるコンプレッサーです。
素早いアタックリリースが特徴で、パンチのある迫力のあるが作れます。
スネア、カッティングギターのようなアタック感の強いサウンドに最適です。
それ以外でも、速いアタックを活用していろんな楽器に使えます。

いまだにどんな楽器にも広い範囲で使われます。
もう世の中にある楽曲の定番になっています。

そんな1176モデリングで作られたTR5 Black 76』です

ほかのメーカーでも本当にたくさん1176系プラグインがあります。
僕も大好きでたくさん持っています。

今回のTR5 Black 76』はシンプルで、ほぼ実機のまんまの操作で使用ができます。

使った印象は、他の76系プラグインと比べて、高域パンチが少なめな印象ですが、中域のゴリっとしたところがしっかり捕らえられて、ロックベース・ギターにマッチしてくれます。

とても扱いやすくまとまってくれるので、初心者にも扱いやすい76系コンプレッサーだと思います。

1176系コンプレッサーの使い方

基本的に76系の操作で調整します。

スレッショルドのしきい値は固定になっていて、「INPUT」を上げていくとスレッショルドにぶつかり、さらに上げていくとコンプがどんどんかかっていきます。
ゲインリダクションを見ながらかかり具合を調整していきます。

レシオは「4」「8」「12」「20」の4段階の中で決めるプラス、1176の魅力のひとつでもある「全部押し」という余韻の伸び方が独特なコンプのかかり方のする技があります。
実機は「4」「8」「12」「20」全部のボタンを押して使用しますが、こちらは「ALL」ボタンで再現しています。

「ATTACK」「RELEASE」は右に回すと速い設定になります。

「ATTACK」下のOFFで、実機を通しただけの質感も味わえます。

ココが好き!

過度なかかり方になりにくい!

しっかりした部分が出てきてくれる!

気になった点…

高域のパンチが欲しくなります…。

実機にはないですが、「MIX」で原音とのパラレルコンプを出来ると何かと便利かも…。

こんな方にオススメ!

  • 76系が好きな人
  • いろんなコンプを味わいたい人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「派手さはなくとも綺麗にまとめてくれる76系プラグイン」といったところでしょうか?

76系に求めるところは、アタック・リリースの速さから、パンチのある音作りに使われる事が多いですが、同じ76系モデリングでも音質が変わってくるので、いろんなタイプの同じモデリングを持っているとそれぞれの良いところが見えてきて良いです!
使い分けでミックス時の対応がしやすくなります。

あと、聴き比べは何より楽しいです。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 Black 76」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム